上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.31 少女一会
 そういえば最近ゲーム買って無いなぁ……というのがバイト先での口癖になって早二年という
所だろうか。思えば遠くに来たものであると感心するが、別に何もおかしくは無い。

 まぁ今度出るDS版のメダロットには心揺らいでいない事も無いのだが。

 所で、それでもゲームを売っている身ならば、お客様への販売や、サンプルを棚に戻す作業等で、プレイして無くとも今出ているゲームについて粗方知ってしまう事になるのだけれど、何故か知らないが,プレイした事も無いゲームのジャケットに描かれている非実在少女に心ときめく事が間々ある。

 例を挙げると、この左側の娘とかこれの末娘とマキさんとかな(特に前者の上から四番目のリンク先はヤバイ)。印象としては(前にも書いた事だけれど)大学受験の折に勉強と称して読み漁った世界史漫画の産業革命の回にて、数十年後しのツンデレ美老女(「あ、貴方がそこまで言うんだったら、水晶宮を一緒に見に行ってもいいのよ」云々。)を見せ付けられた時のそれに似ている。別にそこまで露骨に狙った訳でも無かろうに、というものほど、琴線に触れて来るのだから、人間とは不思議である――まぁ、確率的には良く接するから、という理由で済ませられはするのだけれどね。

 で、まぁこういう話をしたからには、今そんな非実在少女が居るという事になるのは明白であり、誰かと言えばこれである――ほら、真ん中の。昔懐かしい夕方からの再放送的に言えば、おさげの女だ。

 彼女が妙にまた視線誘導させられるから堪らない。御陰で、こいつを売る時は、ちらちらと妙に熱心に見てしまっているでは無いか……まぁ髪型とか目付きとかそこから醸し出されるオーガニック的な何かに惹かれているだけで、実際の所、キャラとか設定とかよく知りもしないのだが、それでも関係無いとしてくるのが,非実在少女の成せる所業か。何とも恐ろしい。これだけの力あれば規制もされるわな。

 かく訳で、ゲームはプレイしていないけれど、ある意味ゲームで楽しんでいる今日この頃である――しかしふと見返すに、大体どんなタイプが好きなのか良く解る構造だな、これは……この記事を書いた動機が、非実在少女と言って見たかっただけであるのと同じ位、自明の理として。
スポンサーサイト
 そして良い葬式を迎えられたならば、良い来世が待っております。さぁ道は半ば、頑張って行ましょう――何が言いたいかと言えば、人生即ち人の生とは暇潰しなので、愉快にやろうぜ、と何処かの誰かに。

 かく言う自分も、特に何らの変化も無く、恙無くバイトに精を出している。目下の悩みは早く免許取りに行かねばならぬという事と、バイト先の新人が使えぬ事で……高校卒業寸前ならば、仕方が無いと解ってはいるのだけれど、昔の自分もあんなだったっけ? と思い返してみたくなる始末。違う、と信じたいけれど、どうだったろうね。余り自信は無い。懐かしくも複雑な気分だ。

 後は、そうそう、mixiアプリのトイボットファイターズがちょっとしたマイブーム。メダロット、と言えば大体の人間が解ってくれるだろうああいう非機械的デザインの人型機械は、個人的に結構ツボだったり。ドロッセルお嬢様とか、後知る人ぞ知るって感じのSeventh Sky(あれの正式版は一体何時になったら出るのだろう……)とかね。微妙にステータス的に詳細不明で、ちゃんと反映されてるのかどうか良く解らないカスタマイズ感も、こう、童心に帰ってやれてベネ。

 その御陰かすっかり負け越している上に金欠なのは、我ながらどうなのかとは思うけれども。

 とりあえず現時点でパーツ構成等々に一定の完成を迎えられたので、ちょっとお披露目、我が子自慢。

 Let it go around the cosmos! Over the pain.

イメージはガイアの空の民/Gaea's Skyfolk

 GNAEFIR、と書いて、グネーヴァルと言う(らしい)。北欧の言葉で、天高く飛ぶ者を指す(天馬に跨り、世界を駆ける女神グナーに由来する)だとか。オールレンジ対応回避特化型なのだけれど、パーツ構成は結構重量級でいまいちしっかり避けてくれない印象。割とぼっこぼこ攻撃喰らいます。まぁそこはビジュアル重視、なのは彩色からモロバレか。青緑こそ至高。

 と、そんな訳で、それなりに愉快にやってます。あ、アプリやってる人いたらまた宜しく。
 どうも最近カウンターの調子がおかしく、アクセス解析との結果に異常な隔たりが見受けられる。自己顕示欲発露の為に折角だからSNSよりもBlogを選ぶぜと日頃より豪語している人間としてはもやもやしてならないそんな今日この頃な訳であるが、如何お過ごしだろうか、理である。

 さて近頃は銀雨をめっきり放置して、武装神姫をやっている。
... 続きを読む
 さぁて、レポートやら執筆やらに追われている間に、一週間も停滞していた理さんのどきどき☆ダイアリー(他称)こと黄昏ミニヨン想録堂であるが、如何お過ごしだろうか。少し書かないと、あら不思議、書く気が起きなくなるから困ったものである。

 そんな中、今自分は久々に電子機器によるゲーム、『ICO』をプレイしている。今回はその途中感想をば。
... 続きを読む
 八月も下旬になった訳だが、皆様如何お過ごしだろうか。本当に過ごしていただけな理である。

 さて今回はSAことサドンアタックの話題でもする。
... 続きを読む
 一日更新をサボったら夢枕に子安武人が現れて、「(前略)罰としてちん○をもぐ。」等と言われた。なので理由を書くと、一昨日はサドンアタック(以下SA)なるリアル系FPSをやっていた。
... 続きを読む
2007.03.31 初BASARAる
 我が末弟が、戦国BASARA2を買って来た。
... 続きを読む
 銀雨ことシルバーレインに今の所動きが無いのでGunzの話でもする。
... 続きを読む
 FFT獅子戦争のムービーが若本の所為でROMANにしか聞こえない件について。

 Guten Abend,理である。気の所為ではあるのだが、自分だけでは無いだろう。、まぁしかし雰囲気出まくりのこのアニメムービーは素敵である。買おうかな、PSP。

 所で去年になるが、Gunzにてクエストモードと言うのが更新された。
... 続きを読む
 昨日の記事について書かれているBlogを見て回ったのだが、『ゲームゲーム、現実は現実。元々が違うもの』と言う意見が多かった。自分はこの意見はどうだろうかと思うのだ。そこの所を指摘しつつ、別の視点から昨日の話の続きをしよう。
... 続きを読む
 今日は木曜日であり、今年最後の木曜洋画を見ていたのだが、うっかり寝ていて途中からだった。おのれ、『沈黙の陰謀』で戦闘医者スティーブン・セガール先生が大暴れする話だと言うのに。まぁ途中から見てもやっている事は変わらない事はよく解る映画だな。

 所で、GATSさんの所でこんな記事を見つけた。
... 続きを読む
 昔ちょろっと話を出したので、知っている人は知っているかもしれないが、実は銀雨ことシルバーレインだけでなく、GunZ Onlineオンラインゲームとしてプレイしている。
... 続きを読む
 先程漸くポケモンダイヤモンドにてチャンピオンに勝利しました。

 かく言う訳で、ひとまずの感想をば。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。