上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
∀.あのエチオピアの空の下で
... 続きを読む
スポンサーサイト
5.この世の限り
... 続きを読む
4.先の手紙のその中身
... 続きを読む
3.忘却図書館蜜月旅行
... 続きを読む
2.単彩螺鈿の死者と悪魔
... 続きを読む
1.山上の羊達の都市
... 続きを読む
 神の贈り物によって山羊からその似姿と相成った人類は、『白の者』と『黒の者』に分かれ、紙の文化と対立の歴史を深めていた。そんな白と黒の間に居る少数派=灰の者であるサイカ・ネルレラクに舞い込む黒の頭目からの依頼は、贈り物=『パルプグラマトン』を捜せというものであった。世界終末の兆しが陽光に乗って注がれ、合わせる様に白の代理人も動き始める最中、サイカは守護悪魔モノ=クロームと共に、唯都グァラ=グァラ探求へ赴く――彷徨える彼の行く先に、求めるものはあるのだろうか。
... 続きを読む
 生存報告もかねて。生きてるよ、死んで無いよ、幽霊じゃないよ、って大概の幽霊は言いますよねぇ。

 ともあれこの話の原典(オリジン)は、私の父にあります。
「霊能力者は幽霊が見えるというけれど、しかし一体今までどれだけの人間が、生物が死んだと思っているのだ? 宇宙が誕生してから、今日に至るまで」
 超常現象特集のテレビを見ながら、彼は言いました。
 私もそう思います。
 だからちょっと、そんな風なものを描いて見ました。後輩から貰った御題でもあり、夏という事で――まぁ作品としては、別にそんなものはどうでもいいのですけれども。ゴゥンゴゥン。
... 続きを読む
 最初に付け足して置いた台詞は、所謂孫引きであり、 こちらにて見つけた。自身、その作品を未読であるが、今作を一言で表すのに、相応しい言葉だと思うので、あえて置かせて貰う。即ち、
... 続きを読む
 自分としては結構満足の行く物が出来たのだが、如何なものか。一般受けはしない、と言われたけれど、何、そんな事は今に始まったものでも無いじゃないか……何処に文句をつけるつもりなのかね?
... 続きを読む
2010.02.19 瑪瑙の心臓
 久々に一本書けたと思ったら、こんな出来のもので正直一体どうしたものかという所だが、しかし出来てしまったものは致し方が無い。人間、根を詰め過ぎるとろくな事が無いという好例だろう。
... 続きを読む
アモンクロック
... 続きを読む
2.交差せざるを得ぬ者達

わたしは人間の苦しむのを見ているだけです。
人間というこの世界の小さい神さまは今も同じ型にできていて、
天地の最初の日と同じように気まぐれです。
あなたがあいつに天の光のうつしを与えなかったら、
もすこし具合よく暮らすでしょうに、
人間はあれを理性と呼んで、それを
動物よりもっと動物らしくするためにだけ使っています。
………………
人間という奴が毎日苦しんでいるのを見ると、気の毒になってしまい、
わたしでさえ、あの哀れな連中をいじめるのがいやになります。
 ヨーハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ『ファウスト』
... 続きを読む
1.日々は巡る、渦の様に

……すなわち、本年、わが太陽は東より昇りきたり、やがて西へ落ちゆくことになるであろう。さすれば、すべての蟹は横歩きを始め、すべての水たまりは、いずれ蒸発することとなる。河なるものは上流から下流に向けて流れるであろうし、自転車の前輪は、常に後輪を先にゆくことになるであろう。……驚くべきことに、インクで書かれた文字は雨に滲むことであろう。そして本年もまた、多くの人々がこの世に生まれ、そしてまた多くの人々が死することになろう……
 クラフト・エヴィング商會『クラウド・コレクター』
... 続きを読む
始端・螺旋在れ

「でも、あの娘の心はわかるまい」
 ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』
... 続きを読む
もっと光を!(Mehr Licht!)
 ヨーハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ最後の言葉
... 続きを読む
 俺は今バスに乗っている。友達数人と共に。真っ赤なボディの二階建て観光バスだ。英国の、ほら、あれだ、あれに凄い良く似ている。あれが山間の中をひた走っているのはなかなか滑稽だが、乗り心地は素晴らしい。まるで旅客機のファーストクラスみたいだ。というか、ファーストクラスそのものだ。目の前で上映されている大モニタの映画は『ジャンパー』。表示コメントを見るに、前俺が見た時の感想は間違っちゃいなかったらしい。やっぱアナキンはアナキンだぜ。

 ここでトイレ休憩を挟んでしまったが、困った事が起きた。どうやら俺が持っているチケットは別のものだったらしい。予約をした筈だが、席は別の者のだった、と。金はあるから、これで買おう、帰りのチケットは青春18で、と思ったが、バス側は駄目だの一点張り。仕方が無いのでバスで麓まで運んで貰い、タクシーに乗り換えた。既に先客二名が居て、何だかだんまりを決め込んでいたが、俺は構わずに目的地目指して進み出した。

 九十九降りの坂を登り、やがて鬱蒼とした森の中へ入れば、野生動物の宝庫だった。色々な奴が居る。見た事も無い奴も。例えばオレンジ色のタテガミを生やした豹なんて俺は知らない。いやあれは虎だったかもしれないが、まぁどちらでもいい、要するに猫ちゃんだ。そして、その中に何頭か、ワナカバの子が潜んでいる。地中に身を潜み、大口を開け、馬鹿な赤ん坊タテガミ豹かタテガミ虎が入って来るのを一生待ち構え、と一匹犠牲になった。道には、ワナカバがうようよしてやがる。大人まで居るぜ。

 そうこうしている内に目的地へとタクシーとバスが付くと、俺は降りた。と、そこに運ちゃんの声がする。「一人に三匹は居るからねぇ、注意するんだよ」何が一人に三匹なのか解らないが、とりあえず急勾配の坂となった落葉の道を進んで行くと、嗚呼意味が解った。タテガミ豹だかタテガミ虎が徘徊しているのだ。成る程、そういう事かと、俺は坂の一番下の、コンクリートの壁にへばりつき、どうにか目に付かない様、こっそりと歩いた。だが、二匹目の野郎が、野太い糞を出して、しかもそれが転がって来たものだから、俺は思わず悲鳴と共に飛び上がって避けてしまったのだが、これが不味かった。二匹目はほえただけなのだけれど、三匹目、これは矢鱈にでかい雌ライオンだったが、こいつが小便ぶちまけながら襲ってきたのだ。俺は慌てて壁を登り、その上に付いた白いフェンスを握った。雌ライオンは物凄いスピードで俺の真下までやって来た。これは危うい、と思う間も無く、この猫ちゃんギャーが、襲い来るのを、スーパースローカメラで横から見た俺は、だんと、タイミングよくその頭を踏んだ。小さな顔がむぎゅっと潰れ、ぺちゃんこになる映像は笑えるが、当事者は俺だ。笑えない。不味い事に相手の戦意は鷹揚で、今のでまず間違い無く怒らせてしまった。仕方が無い。どうなってるか知らないが、と俺は、もう一度跳び上がってきた雌ライオンの頭を踏み台にして、白フェンスを飛び越えた。古来より、でってうジャンプは有効な手段だが、往々にしてその先は奈落と決まっていたりする。俺は神様のアイロニーを呪いながら、白フェンスを反対側から捕まった。足元から風が吹き込み、耳元で鳴って行く。気付けば雌ライオンが真上に居て、涎がぽたぽたと掛かって来た。嗚呼、俺はこいつに咥えるんだ、と思ったが、そんな事は無く、俺は今家族とショッピングモールで買い物をした後、伊太利亜に居た。

 いや本当に伊太利亜かは解らない。ただ母親が「流石伊太利亜ね」と言っていたので、多分伊太利亜なのだろう。豪快に半分河に沈んだ道を、自動車ビッグホーンで乗り越えると、また母親が「見て、青があるわ」観れば確かにその通り、青がある。川縁の道を進みながら見える渓流は透き通って、空が映り込んでいるのだ。何と、豪快に堕ちる滝の上にも空が見える。流石伊太利亜、渋い事をしてくれるじゃないか。

 そこから山をぐるりと廻り込み、中途で車を降りて山道を登り出すと、またしても母親が「鯉がいる」と言う。既に河は無く、地下を通った滝しかないのに、と見れば、成る程、草の上に鯉の木乃伊があった。恐らく滝からここまで跳んで来たのだろう、龍になれなかったのは哀れだ、とは父親の言。そうして上へ、上へと行くと、建物が見えて来た。バスの連中曰く、まだ開店時間じゃないらしい、と言っている間も無く、するりと開いて、俺達は中に入れば、和服の伊太利亜人達が畳の上で正座している。偉い緊張しているが、どうやら始めてらしい。初心な奴らだ。そして、おっちゃんが、パスタの解説をしてくれる様だ。これは期待と手渡された冊子を読んでいると、行き成り親族一同で奥に呼ばれた。

 叔父が死んでいた。叔父とやらが、誰かは良く解らないが、ともあれ叔父であるらしい。葬儀が既に始まっている。俺は直ぐに着替えを整えると、愚図な次男をどやしながら、葬列に並び、奥へと入った。そして、叔母さん曰く、叔父が死んだのは俺の所為らしい。何故かは解らないが、ともあれそういうものなのだろうと納得すると、どんぶりを手渡された。これは、と聞くと、この地での風習だという。観ればたんまりと汁が入った中で顔が浮んでいる。叔父だった。箸を渡されたという事は、食えと言う事らしい。突っついている間に何かぐにゅりと柔らかいものにあたったので何だろうと思ったら、目玉だった。これはちょっと、まぁデザートみたいなものだし、と戻して、変わりにべらべらと頬革を取り、口に入れた。醤油汁で煮込まれたのか、なかなかコラーゲン一杯で美味だったな。少し焦げ味が強過ぎたのが、難と言えば難なのだ。

 戻って来ると、畳の部屋で親族一同が輪に成っていた。何をしているのかと見ても、良く解らない。父親が何か言っていたが、聞き取れなかった。ただ、どうも所謂遺産相続の様なものらしい。お盆の上に一人一つずつの指輪が乗せられていて、それを己が功績に準じて、箸で掴み取って行く様だ。次男が真っ先に取ろうとしたのを手で制しつつ、俺は指輪を手に入れた。見た目はまるであれだ、瓶の蓋を取った後に残るアレだ。そうしてアレをしげしげと見ていると、黒板に書かれた俺の名前の隣にあった白い何かが消された。それが功績と言う事らしい。もう良く覚えていないが、ファンタジアとかゲーテとかいうのもあって、どうもそれは叔父さんのものらしい。ゲーテ行けゲーテと思ったが、ファンタジアが消された。きっとあれはテイルズの事なのだろう、と鬼武者とかもあったので確信を持って俺は頷いた。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。