上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 何回やっても何回やってもキスキンが倒せないよ(挨拶)

 まだタルモゴイフ使いがいないのが幸いであるが。理である。待ってよサッフィー。

 まぁそういう訳でMTGの話題だが、もう嫌と言う程後輩にフルボッコにされている。
... 続きを読む
スポンサーサイト
... 続きを読む
2007.11.26 少女思想機械
 Imagining Machine Girl

 二つの魂が触れ合う時、論理は正しく紡がれる
... 続きを読む
 第二十六章第四十二章 あとがき
... 続きを読む
 第二十五章第二十六章 君、微笑んだ時 
... 続きを読む
 the Heart of Gun and Bullet of a Coward

 この作品は、Blogコミュニティ『物語は素晴らしい!』のトピックの一つ『お題で"一筆"。 』にて上げられていた『懐に銃を。』をテーマに書かれた短編であり、また、同トピックに寄贈させて頂くものとする。
... 続きを読む
 第二十四章第二十五章 ウィーナ(The Eloi’s Heroine)
... 続きを読む
 第二十三章第二十四章 少女思想機械はかく語りき
... 続きを読む
 第二十二章第二十三章 愛とミスター・ボールドウィン
... 続きを読む
 檎桐淋が凄ぇ可愛いんだが、誰も賛同してくれなくて悲しい(挨拶)

 サークルの友人から借りた『シンシア・ザ・ミッション』がバキ×ブララグ(最新刊になる程にバキになるけれど)なノリで面白かったのだが、その中の登場人物の一人がツボにクリーンヒット。理である。あの見た目であの性格が凄いいいと思うんだが、どうだろうか。そもマイジャーか?

 それはさて置き、一昨日、ブログ拍手がきな臭い事になった。
... 続きを読む
 第二十一章第二十二章 演技する者させる者
... 続きを読む
 第二十章第二十一章 無慈悲な夜の女王は何処へと昇るか
... 続きを読む
 第十九章第二十章 純欲(イノセンス)
... 続きを読む
 さぶい。寒いというかさぶい(似非方言使用的挨拶)

 Guten Abend,これが何処の方言だったかちょっと忘れてしまった理である。西の方であった事は覚えているのだが、どうだっただろうか。しかし本当に寒い。以前購入したスウェーデン軍のジャケットの中にタンクトップとロンTを着ただけだと、大学の帰り道がきつかった。

 さて、今回は久しぶりにMTGの話でも。
... 続きを読む
 第十章幕間:J.Gの現況
... 続きを読む
 第十八章第十九章 無謀で豪快な西部の如く(Wild Wild West)
... 続きを読む
 第十七章第十八章 奔走のイヴ
... 続きを読む
 トライガンと共に、ヘルシング九巻も共に購入。で、まぁとりあえず叫ぼうか。

 せーの、はいっ、
... 続きを読む
 話題に触れられなくなった(確かそう言う名前である。少々うろ覚えで失礼)漫画スレッドにて挙げられていて、少し哀しくなったトライガン・マキシマムの単行本第十三巻を購入。雑誌の連載はもう終わっている為、これで流石にもう終わりかな、と思っていたのだが、
... 続きを読む
 ドラキュラ紀元的作品第二段。ヴィドックに続いてお次はこちら、『ジェヴォーダンの獣』。紀元、というより『吸血鬼ジュヌヴィエーヴ』第三部ユニコーンの角に近い内容だが、一つ感想を書かせて頂く。因みに今回結構ネタバレを含むのでご注意を。
... 続きを読む
 第十六章第十七章 たったひとつではない、冴えてもいないやり方
... 続きを読む
 第十五章第十六章 不思議の国から抜け出して
... 続きを読む
 第十四章第十五章 理屈と妄想の郷土を統べる妖婦(Lefyna Morg)
... 続きを読む
2007.11.15 ヴィドック
 誰も認めなくていいが、『ジェヴォーダンの獣』と並び、理が好きな仏映画が『ヴィドック』である。

 これを仏映画と言っていいかは意見が別れるだろうが、久しぶりに今作を見た。
... 続きを読む
 Guten Abend,アクセスログの検索ワード表示に『聖戦のイベリア 暗号』の文字が出る度に、自分の無知と相手への憐憫と王様の鬼畜さを感じる理である。後、ほんの少しの歪んだ喜び。しかし、あの暗号を解けた者はまだ居ないのだろうか。そろそろ出て来ても良さそうなものであるが。

 さて、それとは関係無いが、ヴィルヘルム・グルムバッハの機巧時代の続きを書き始めている。
... 続きを読む
... 続きを読む
... 続きを読む
 第十三章第十四章 彼岸紀行(Voyage to A)
... 続きを読む
 第十二章第十三章 隠せないさ 君の瞳は ホンの小さな事まで
... 続きを読む
 第十一章第十二章 我はロボット?
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。