上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 結構最近色々な映画を見てはいるが、どうにも筆が乗らない。見て、それで満足しているな。いや、書く気が無いという訳で無く、書こう書こうと記事を練ってはいるのだが、そのまま時間に流されて気付けば数週間前、という感じである。という訳でこれは不味いと奮い立って偉い久しぶりに書くのだが、先日カジノ・ロワイヤルを見た。

 007=ジェームズ・ボンドシリーズだが、ちゃんと見た作品は実は無い。テレビやGYAOで時折やっているのを軽く見る程度で、しっかりと鑑賞した事は……嗚呼、何処ぞのヘイミッシュ君が居たが、あれは二次創作だから流石にカウントしては行けないだろう。ともあれ、本腰を入れて見た事はとんと無い。自分が産まれた頃には既にマンネリ化が始まっていた所為か、或いはそのキャラクター像の所為か、何にせよ、そこまで見たいと感じなかったのだ。

 だというのに今作を見たのは単に今週やる『慰めの報酬』のCMで、アレンジされたテーマと、それに乗せて送られるアクションシーンが矢鱈格好良かったからだ。聞けば、前作から数時間後の話だそうで、ではちょっくら先に見ておこうと思い、レンタルして来た次第である。

 なので結構期待していたのだが、その期待はOPによって一気に爆発した。そこからぐんぐん放り込まれ、道中ちょっとご都合主義に過ぎる展開に少し頭を傾げながら、壮絶なアクションシーンから息を呑むカジノ対決、拷問を経て、最後の最後のあのシーン、そしてEDで、おおぅっと感嘆させられてしまった。いやいやこれはまた、実に面白いでは無いか。普通にスルーしていたのが勿体無い位である。

 主演のダニエル・クレイグもね、今までのボンドと大分違う俳優でかなり叩かれたのを覚えているが、蓋を開ければ素敵じゃないか。何があろうと不屈の意思を持って任務を遂行する男、だが所どころで冷血になり切れぬ人間らしさが垣間見える人物。ジェームズ・ボンドという存在に対して偏見が無いからと、映画として自分の趣向に合致していたのがあるだろうが、格好良くてありだと思うね、ダニエル=ボンド。叩きも、公開されてからはなりを潜めたという話だが、その理由も頷ける。

 と、なかなか満足の行く映画だった。続編の方は、どうなっているか、楽しみだな。 

 
スポンサーサイト
 最近ちょろちょろとネタに出しているのを見れば解る様に、ガンダム00を結構頻繁に見ている。そんな熱心な訳で無く、主に話題作りと日曜のサザエさん的に、なのだが、その中でも、何故なのか自分でも良く解らないが、イノベイターの一人ヒリング・ケアに矢鱈ときめく。

 別に大したキャラでは無いんだ。敵役でも然程重要そうでは無く、最終回間近で「嘘っ」とか言ってちゅどーんと吹っ飛びそうな感じだし。でも可愛い。中性的な見た目とか、巻き毛っぽい緑髪とか、多分に外見でひかれるものはあるけれど、それとは別に、こう、何と言うかね、「慰めてあげるけど?」に素直に乗って慰められて調子乗ってる隙に貧乳でも揉みしごいて慌てふためきながら変態変態と罵られたい可愛さである。恐らくこの説明で、ここを見ている何人かに一人は理解してくれると自分は思っているが、さて如何か。

 とりあえず、1クール切って、後どれだけ出番があるかが、一番の関心だな、この作品では。
 最近度々バイト先の有線に流れる上松秀実とやらの曲が、ろくでもない邦楽の中でも群を抜いて癪に障る。曲も歌い方も嫌で不快で堪らないのだが、何が一番微妙かといって、その歌詞だ。いや、音に関してはその人の趣味趣向が出る訳だから、何が好きだろうと(そして嫌いだろうと)構わないのだが、詩に関しては如何ともし難い。一般市民の方々は、これに共感し、感動しているのだろうか? 正直自分には理解に苦しむ限りだ。

 まぁ論より証拠という訳で、youtubeと、Yahoo!ミュージックから曲と歌詞を上げる。

 Dear My Friends/歌詞 

 個人的に今流れている『時代』という奴の方が嫌いなのだけれど、動画が見つからなかったのでこいつだけに。正直、出だし再生されただけで怖気が走ったのだが皆はどうか。ちょっと聞いて質問したい所であるな。

 で、今日余りに嫌で嫌で、我慢出来ずに有線チャンネルを今週のオリコンに変えたら、シェリルが宇宙兄弟船を大熱唱していた。……嗚呼、えっと、何だ、これが今流行の羞恥心という奴なのかね。うーむ悪くはないけどさー。その後に流れたランカ含めて、どうなのよオリコンさんよ。

 最後に、耳直しとして、最近お気に入りの曲置いておきますね。

 Beltaineという波蘭のバンドの『Bring to the Boil』というそうだ。

 
 
2009.01.11 全ての答え
生まれ変わり

 背中の人キターとか、マスラオってちょっと待て、とかげれげら笑いつつに、とある所で見つけたのをちょっとやってみたら、この様である。成る程、だから自分は独逸スキーでこんな性格なのかと、妙に納得した。

 ついでにもう一丁。

脳内

 ああ、よく解っているじゃぁないか。
 最近の水曜日、バイトに帰って来ると、決まってみるのがNHKでやっているテレビでフランス語。

 仏蘭西自体に興味はあるが、別に仏蘭西語を習おうとしている訳では無く、ただ単純に面白いから見ている。お国柄なのだろうね、全体的にお洒落で、小気味が良い。コーナーもなかなかで、南仏系の旧き良き職人技の紹介コーナーは勉強になるし、また、アインシュタインヘアーの妙にハイテンションな仏蘭西人(パトリス・ルノワという人らしい。講師で演出家で俳優で監督と矢鱈多芸だ)がやっている擬音コーナーは、鬱陶しい位のオーバーアクションと、凄い上手い発音で、これまた面白いのだ。

 で、その後、五分か十分程のアジア語楽紀行で、やっぱりアジアはこうだよなという思いを馳せつつ、テレビでドイツ語も見る訳なのであるが……お国柄なのだろうね、これが何とも面白くない。全体的に垢抜けて折らず、また講師陣の間に漂うぎこちない空気が、見ているこちらすら、微妙な感じにさせてくれる。幾ら有名だからって、OPにビートルズの『Sie liebt dich』を流し続けるのも、個人的にはちょっとどうかという気になる。ファンの人には申し訳無いが。あ、でもEDの椎名林檎の野薔薇はいいっすよ?

 ともあれ、何か仏文に負けた気がして独文として哀しいこの頃である。うーむ、オサレセンスでは勝てんな。
 という訳であけてしまった2009年、おめでとう、である。

 結局年越しはヘイポーだった訳で、その普段と変わらない精神は見習っていいのでは無いか。

 なので特に抱負を述べるでも無く、このままに終える。何と三行。ある意味特別といえば特別だな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。