上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ゼンディカーに封印されているという古代の災厄エルドラージの正体だが、エルドラージの碑のフレイバーテキスト("Gods=神々と複数形で記されている)や、精霊ドラゴン・ウージンの眼と呼ばれるものがエルドラージ復活に関係するとの事、そのウージンが放つ幽霊火は、フレイバーテキスト曰く、ウージンの眼を得る事で不可視の状態から見える様になるとの事、そしてワールドウェイクで出る同名の土地カードの能力(詳細不明のエルドラージ呪文のコスト軽減及び無色のクリーチャーサーチ)や、細かい所で矢鱈えぐい能力を持つ白二マナのクリーチャー(ドラゴンの爪内臓プロテクション赤の2/2)が出る事を省みるに、エルドラージというのは、無色として扱われる有色マナ呪文(クリーチャー)なのではなかろうか。

 嗚呼また始まったと思われるかもしれないが、一応これにはそれなりな根拠がまだあって、ゼンディカーブロックは、大・小・大と異例の枚数構成となり、その第三ブロック、『エルドラージ覚醒』は、マーロー曰く、ゼンディカー、ワールドウェイクとは全く別物でありながら、『土地セット』というコンセプトにおいてはゼンディカーブロックのものであるという。

 そこで見返せば、ゼンディカーにおける土地の扱いとは、限り無く数量的なものではなかったろうか。上陸、キッカーのメカニズムは大量に土地を出し、大量のマナを生む事で初めて生かされるメカニズムである。他のカードもそれを後押しこそすれ、基本的な所では何も変えてはいなかった。つまり、マナが単にマナである事は。ならばその逆として、マナ自体が変容を来たすという事が在り得るのではなかろうか。

 そして有色にして無色とは、また、土地が持つもう一つの側面でもある。島は青マナを生む為に青いデッキに入るけれど、青いカードでは無い。他の基本地形もまた然りだ。感覚的にはその色のカードであるのに、その実は違う。初心者が良くする勘違いで、かくいう自分も、かつてのドロマーや洗い流し:指定緑で、森が戻せると思っていた頃があったけれど、まぁそういう事だ。無色にして有色。それが土地というものだろう。

 かくして土地と同じ様に、色とマナの関係性が曖昧となった特殊な存在こそ、エルドラージなのではなかろうか。ワールドウェイクで出ている多色カードや多重キッカーは、ゼンディカー的なマナの量に伴った試みの最後であり、エルドラージが覚醒したその暁にはマナの質的な試みとしての、オールクリーチャー、オールマルチカラーを経た、オールノンカラーというのもまた在り得るのでは無いか――

 みたいな妄想をぐだぐだと考えていた昨日の夜であった。それが今日に至ったのは、ネット回線が馬鹿みたいに不安定だからで、今これを書いている時点でも繋がったり繋がらなかったり繋がらなかったりで、嗚呼これがワールドウェイク、世界激震の前触れかと思うと二月五日が待ちきれない今日この頃である。あ、もう詳細出てたら(出たら)色々勘弁な。
スポンサーサイト
 今日は美容院へ行く為に、午前大学からそのまま帰宅。久々の半ドンはなかなか良い気分であるな。それは兎も角、ワールドウェイクの公式スポイラーリストを見ていたら、俺得カードが出てるじゃまいか。

ウーラの寺院の探索 / Quest for Ulas Temple   (青)
エンチャント   レア
あなたのアップキープの開始時に、あなたはあなたのライブラリーの一番上のカードを
見てもよい。それがクリーチャー・カードである場合、あなたはそれを公開してもよい。
そうしたなら、ウーラ寺院の探索の上に探索カウンターを1個置く。
各終了ステップの開始時に、ウーラ寺院の探索の上に探索カウンターが3個以上置かれている場合、
あなたはあなたの手札にあるクラーケンかリバイアサンかタコか海蛇のクリーチャー・カードを
1枚戦場に出してもよい。


 これは四ターン目ケデレクトシュートの可能s、何、無意味? そういう事は言わないお約束だ。

 まぁ今回青と緑のドロー及びマナ加速カードで優秀なのが結構出ているので、リバイアサンは今組んでいる方向性(青緑+赤の187デッキ。土地加速及び酸スラ+広がり行く海で拘束しながら、リバイアサン及びボガーダンのヘルカイトを素出し或いは召還の罠経由で場に出す。身内勝率はそこそこだが、尖った速攻にはやはり勝てず。後あんまりリバイアサンリバイアサン言い過ぎて、最近リバイアサン禁止令が出そうで怖い)でそのまま行くとして、こいつは僕等のフングルイー・ムグルウナフ・ロートス・アボシャン・フタグン・イア・イアを出すカーd、何? 能力が起動出来ない? だったら、墨溜まっとけ

 しかし実際この四種って殆どいないんだが……ワールドウェイクで強化されるのかな?
 という訳で大分遅れてしまったけれど、霧彦さんが逝ってしまわれた訳で……。

 序盤の和解シーンが何ともブチャラティな限りで、これはいよいよ仲間になるかな、と期待していたら、屋敷の地下へ潜伏し、真相を知って、お義父様に立て付いた辺りからいよいよ雲行きが怪しくなり、ミックに颯爽とじゃれつかれてまさかの義妹に助けられた所での会話の過去形っぷりに、嗚呼これはもう駄目だ、と思っていたら案の定……それでもまだ最後の望みを託していたら、まさかの雲散霧消である。それでも霧彦さんなら、霧彦さんならどうにかしてくれる、とか思ったが、オールアップの公式アナウンスが……。

 うぅん、正直今になっても、まだ復活してくれるんじゃないか、という希望はあるのだけれど、確かにあの終わり方は近年稀に見る程潔く。残念ではあるが、こうやって惜しまれながらの退場というのが、ある意味最も相応しいものであるのかもしれない。二号ライダー・アクセルの登場と共に去って行くのも、構成的には上手いと思うし。

 ともあれ、良き悪役にして良きライバル、良き友人で、良き夫になろうとした彼に神のお恵みがあらん事を。

 ……まぁナスカメモリは残っているんだし、あれがダブル側に来るフラグが立ったとも言うのだけれど。
 徐々にバイト中での実績が付き、やる事に重みが付いて来た気がする今日この頃、如何お過ごしか。いやぁ、実際は楽しいし嬉しいから良いのだけれどね、こういうのは。積み重ねの結果が目に見えて解るというのは喜ばしい。仕事とは、こうであるべきと思うね、うん。

 それはさておき、仮面ライダーダブルの話をしようぜ。いや最近と言わず、ここまで実に面白い限りで真に良いのであるけれど、次回がやばい。あれですよ、霧彦さん。霧彦さんがやばい。まじでやばい。何がやばいって、もう死亡フラグがびんびんで、冴子さんが夜も眠れない状態な位やばい。先週と今週の描写を上げるだけでも、気持ちが良い程にフラグ立てまくりで、逆に大丈夫なんじゃね? と安堵したいが、どうやら一時撤退はガチらしく、嗚呼。

 思えば、ダブルの物語は、彼と亜樹子が、今の場所にやって来た所から始まった訳で。ダブルの実質的ライバルであれば、ポジション的にはもう一人の主人公と言っても過言では無いのだが、その癖、もう尻とかDVとかDVとか尻とかで俄然ネタに走ってくれる、と思ったら、締める所はちゃんと締めてくれる(否菊的意味)し、法的な意味では明らかに悪人だが、しかし一抹の良心と美学を持ち合わせている。何とまぁ美味しいキャラだ事。最初はパパンを裏切り、ラスボスになるのかな、とか思っていたから、良い意味で裏切ってくれたのもポイント高し。あんなイケメンの癖して、まぁ特訓とは良くやるという感じである。今週の翔太郎との兼ね合いも、適度に微笑ましくて素敵だった。

 で、そういうキャラ性を踏まえた上で、彼の怪人モチーフがナスカ(の地上絵)というのが面白い。傍目にはただ荒野に引かれた線にしか見えないけれど、天上から眺めれば、それが偉大で巨大な芸術である事が解る、と。そしてそれは、かつてはオーパーツだの、宇宙人が作っただのと言われていたけれど、今では人間の手によって造り出せる事が証明されている。自然の侵食は元より、車の侵攻なんかで大分荒れてきているとは言え、その目的が何であったのかはまだはっきりと解明されていないとは言え、古代の人々の手によって造り出されたのだ。何と彼に合ったモチーフじゃないだろうか。

 そして、天上に漂う雲は、地上へと近づくにつれて、霧と呼ばれる様になる。一時離脱した彼が、ナスカに刻まれた地上絵の如くに研鑽を磨き(ナスカの能力が、地上絵毎に対応した特化という意見を見たが、確かにそれっぽい。巨人で巨大化とかされるのは勘弁だが)再び登場してくれる事を願おうではないか。

 ……これで何事も無く続投したら、「そうか、さらばするナスカはいなかったんだ」と微笑むとしよう。

 そうそう、後彼をしてブチャラティに例える意見もあり、メモリを麻薬と置き換えれば、嗚呼納得と、味方化フラグを感じて興奮した訳だが、それって結局最終的には死ぬんじゃとも思ったりした訳で。嗚呼もう本当に、来週が待ち遠しい限りである。
 実は劇場で見た前作だが、今回はDVDレンタルで。

 とりあえず、トランスフォーマー リベンジで何かぐったりした分、今作でほっこりと出来た。

 一作目は、博物館の展示物が動き出すという娯楽要素に加え、うだつの上がらないオヤジが如何にして父親たる人間になるか、というドラマ部分も割にしっかりしており、二つ合わせて親子で楽しめる、良い意味でのファミリー映画だったが、前作のヒットを受けて、今作はあくまでもアトラクション的要素に力を入れた様だ。主人公の動機付けがいまいち薄く、若干盛り上がりに欠ける感があったのは残念な所。

 ただその分、製作者側も随分とまぁはっちゃけてネタに走っており、そういうものだと割り切って見れれば、楽しめる映画と思う。実際、理は楽しめた。ちょっと遣り取りをくどいと感じてしまい、時々だれる事もあったけれど、基本的にはジェットコースター的に次から次に湧いて出るネタにくすりと笑う事が出来たね。ベイダー卿とか、『300』ネタは笑うというか、この映画でそれをやるかっ、という感じだったが(特に後者)。オーウェンは良い奴なんだけどねぇ。今回は友情じゃなかったんだったか。

 と、その中でもお気に入りは、絵画及び写真への影響と、三人の悪役かな。絵(写真)の中に出入り出来るというのは、深く考えると何かがおかしい気もするが、ビジュアル的には面白い。白黒世界で、かけずり回る場面は良い味わいだった。三人の悪役も、この設定と場所だからこそ出来るものだし、こう言ったクロスは大好物。アル・カポネだけモノトーンなのも出自が知れてベネ。描き方自体はちょっとステレオタイプ過ぎた気があるが、致し方無い、かな。

 まぁともあれ、童心に帰って、楽しむ事が出来た映画だった。このノリで、世界各地の博物館が動き出すという風に続けて行っても、面白いかもしれない。大英帝国博物館とか。秘宝館とか。

 そうそう所で、ちょっと前作の話を忘れてるんだが、ラリーは離婚したままであっただろうか。新ヒロインとのロマンスの度に、おい妻子持ち、と突っ込んでいたのだが、どうだったかな。
 と言う訳で実質的新年一発目の映画、がこれというのも何だかなぁ。あ、第一作目もか。

 ともあれ、そんな第二作目であるけれど……うぅん、何だろうなぁこれ、ともう一回。

 確かに映像は凄い。前作よりも数多くのトランスフォーマーが敵味方に入り乱れて四六時中暴れ回る姿は、なかなか素敵である。原作を良く知らないので、その存在を初めて知った動物型、擬態型、合体して戦う連中等、見ていて新鮮なものも多かった。特に合体型は、その登場に負けず劣らずの大活躍で、かなり燃えさせて貰った。まぁやられ方が余りに呆気無さ過ぎる感はあるけれど、それはご愛嬌という所であろうか(レールガン自体は格好良かったんだけどね。一発というのはなぁ)。

 だがしかし、今回はどうにも盛り上がる所で盛り上がりきれなくて消化不良、という印象である。最近の理の趣向が大分変わって来ている事も多分にあると思われるが、それ以外にもあるんじゃないか、と。

 一つは派手さのバーゲンセールで食傷気味に陥った事か。上にも挙げた通り確かに素敵だ、素敵ではあるが、だが緩急も無く延々とやられると、流石に辛いものがある。またこれは敵役の力量不足、というのもあるだろう。確かにオプティマスは中盤戦闘不能に陥った訳だけれど、リベンジという名にも関わらず、その後のディセプティコンに目立った活躍は感じられなかった。正体を現して大暴れするのだー、と息巻いたものの、結局そんな事は起こらず、あれよあれよとエジプトでの戦いになり、そして結局復活、更には強化されたオプティマスに一蹴された印象が強過ぎる。

 これは先に見たバイト先の後輩も言っていたし、多分見た者全員が思った事だろうが、リベンジとはディセプティコン側の、では無く、オプティマスの、という事だったのだな。それはそれで構わないのだけれども、敵役にも相応の活躍をさせてくれないと、カタルシスは出ないものだ。ザ・フォールンとか。

 で、もう一つは脚本面で、いやさ、整合性が取れてないだとか、浅いだとか、そんな事はもう前々から解っていた事だから、最早何も言うまい。が、それにしても、あのサムの日常シーンはもう少しどうにかならなかったのだろうか……。これはもしかしたら理だけかもしれないけれど、あのノリとテンションと流れが余りに辛くて、思わずスキップしてしまった。どうせ見なくても話は解るだろうと思ったのだが、別に何の問題も無かったぜ。あんなものをやるのだったら、もう少し敵味方の配役のバランスを、ねぇ?

 と言う訳で、トランスフォーマーの活躍は相変わらずで良かったのだけれど、もう少しこう、小手先に目を向けて頂きたい映画であった……言うだけ無駄という気もするし、そういう作風だと言われれば、それまでなのだが。いかんなぁ、本当に趣向が変わって来ているのかもしれん……。
 アルバイトする、なんでジョッベンな上に、そも日本が悪いという事実。

 それはさて起き、先程バイト先へ行った所、今日は休みである事が判明。

 何度目だと唸りつつ、下記のモノを借りて来る。休みの職場程楽しいものは無い。まぁそこまでびびっと見たいものでも無かったのだけれど、前々から見たいと思っていたものを幾つか取り押さえて見た。

・ナイトミュージアム2
・トランスフォーマー リベンジ
・ファーマ
・スピリット
・ウォッチメン
・ベルヴィル・ランデブー
・タッチ・オブ・スパイス

 トランスフォーマーを一瞬モーファーと打ち間違えそうになったのは内緒。ウォッチメンは前に一度見たけれど、また見たくたなったので再トライ。タッチ~とベルヴィル~は以前のディナーラッシュと同じチョイスの仕方、ジャケット借り。Z級では無いからまぁ大丈夫、とは思うけどね。ファーマは、コーエン兄弟という事で結構期待。スピリットはどうなんだろう、評判的には余り良いのを聞かないのだが。

 ともあれ最近はビジュアル的に良いものを得ていなかっただけにここらで勘を取り戻したい所である。
 Frohes neues Jahr!

 オデッセイ再来でモノリスがうっはうはで、おめでとう。

 何だかろくな一年じゃ無かった気がするが、今年こそはと、まぁよろしくに。

 俺、今年の元旦はバイト無いから、ジャック・ダニエル飲みながらゆっくり眠るんだ……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。