上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 聖夜等知った事では無い、と言う衝動に駆られて手前勝手な『Märchen』考察。

 今回は『薔薇の塔で眠る姫君』『青き伯爵の城』である。前回のは、こちらから。
... 続きを読む
スポンサーサイト
 今日はコンサート……アレが舞台でどうなるのか、とか物凄く気になるけれど、行けないものは仕方が無く。解釈はそれぞれと言う事で、今日も今日とて、考察を続けるのです。

 と言う訳で今回は『生と死を別つ境界の古井戸』で御座い。前回は、こちらから。
... 続きを読む
 初回限定版の『七』折りのケースの順番は、あれ十字を切っているのだね、と今更に気付きつつ。

 『Märchen』考察続き、今日は『黒き宿の女将』と『硝子の棺で眠る姫君』である。

 前回から直接繋がっているので、まずはこちらからどうぞ。
... 続きを読む
 と言う訳で続きである。前回から繋がっているので、初見の方はそちらからどうぞ。
... 続きを読む
 と言う訳で、ちょっと早い気もするけれど(隠しトラックも今の所発見されて無いみたいだしなぁ)、『Märchen』考察である。が、始める前に幾つか。これは個人的理解の為の個人的解釈であり、真実は陛下のみぞ知るが故、あくまでもそのつもりで読んで貰いたい。また、基本的に作品として、全体としての解釈の為、細かい設定については余り扱わない方向で行く……という言い訳は何時もの事として、今回、自分は以下のスタンスを取って書いている。

・SHがハッピーエンドだなんて在り得ない。これは何か裏があるに違いない。

・これではエリーゼが余りに不憫だ。どうにか彼女を救わねば=あれは幸福な結末では無い。


 要するに、私は最初から疑って掛かっている。勿論、そうするに足る根拠はあるのだけれど、それすら個人的なものとして、著者は恣意的に見ている事を、念頭に置いておいて頂きたい。
... 続きを読む
 ろりこんじゃないよ! 仮にろりこんだとしても(略)

 と言う訳で、恐ろしく久し振りのBlog更新。小説投稿抜かすと、これ実質的に数ヶ月ぶりになるのか。恐ろしい。タグとかタイトルとか設定し無くて良いから、お気楽ご気楽とTwitterで呟いたりはしてたのだが。まぁ色々……無いな。バイト掛け持ちして、もう直ぐ終了する、という位で。

 まぁ、そんな事はどうでも良くて、『Märchen』ですよ、お客さん。とうとうですよ、えぇ、はい。

 これもまた久し振りと、前日にフラゲして今日まで延々聞いている訳ですが、いやはや素晴らしいもとい、凄まじい。一期から二期までに遣って来た事のある種総集編的に、酸いも甘いも遣りたい放題という感じだ。まさかの十分越え+クラシック引用の大曲『宵闇の唄』から始まり、かまんぐに雪白ちゃんマジ雪白ちゃんで、変態という名の王子から明夫のロンギヌスとネタも満載だというのに、最期は……。正直曲としてどうなのかと思う部分も無きにしもあらずだが、ここまでやられてしまうと、グーの音も出ない。陛下の才能が何とも満開である。

 お陰で考察というか解釈というか妄想も膨らむ事膨らむ事……『最小限の公開情報を駆使して真実を捻りだす導き出す』のをフロム脳と呼ぶならば、SH脳とでも呼ぶべきか。嗚呼、エリーゼ……。

 と言う訳で、もう少し固まったら、妄想を上げて見るつもり……全体的に見方が卒論でやった『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』になりそうだが。そして前回のイドイドが、ストーリー的に掠りもしなかったのは小脇へ放置。まさか本当に詳細不明のまま終わるとは思って無かったのだが……方向性としては間違って無い、と思うので、これを発展させて『Märchen』も読み取って行くとしよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。