上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 映画キスシーンでわいせつ罪? ボリウッド映画スター
[ボパール 4日 インド] ボリウッド映画で女優アイシュワリヤ・ライと俳優リティック・ローシャンのキスシーンを見た弁護士が、人気スターふたりをわいせつ罪で訴えた。

マディア・プラデシュ州の州都ボパールに近いインドールの弁護士シャイレンドラ・ウィヴェディは、新作映画『Dhoom 2』はインドの女性の品位を低下させ、若年層にみだらなメッセージを伝えていると主張している。

「ボリウッド俳優は社会を低俗化させようとしている。こうした映画は家族と一緒に見ることができません。非常に下品です」と彼はロイターに語った。

地方裁判所は、出演者たちを罰するべきだという陳情書を受諾し、12月11日に彼の意見を聞くそうだ。

映画の内容を審査しているインドの検閲委員会は、この映画に「成人保護者の裁量次第」のレイティングを与えている。

ちなみにインドでは、公共の場でいちゃつくカップルには眉をしかめる人が多数派だ。


 かく語っているのだが、この様な話もある。

 この話を見て、皆がどう思うかは解らないが、自分としては既に相当(特に最後の一文)性の乱れを感じられるので、今更キスがどーのこーの言うのはどうだろうと思うのだがな。

 まぁ、若い連中と年寄りとの見解の相違と言う所だな。

 後、キスで駄目なら、欧米の映画は殆ど駄目であるな。それを可哀相と思うか、我々日本人の中で薄れて等しい性に対する恥(アメノウズメ曰くの神話に返ったと言うべきかもしれないが)を忘れていないと見るべきか。

 ともあれ、わいせつ罪は流石に如何なものだろうと思った次第。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/100-0d2afaff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。