上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ドーハ 10日 ロイター] は死に結びついた色だが、アジア大会チェス競技でイランの監督を務める英国のグランドマスター、ナイジェル・ショートは、この色が選手たちに命を吹き込むことを期待している。

ショートにはメダル獲得の期待がかけられていたが、チームは中国に負けてしまった。「陰鬱な」試合の後、彼はもう後がないことを選手に悟らせようと試みた。
「選手のモチベーションを上げるのにどうしたらいいのか困りました」ショートはいらだった様子で言う。
「今日、私は全身です。いジャケット、いパンツ、いシャツ。服喪の印です。これが彼らを刺激すればいいのですが」

チェスは今大会からアジア大会の種目に加わった新競技だ。
チェスが大会に加わったのはいいことです。ボクシングやテコンドーと同じように。なぜなら、すべての戦いは心の戦いですから」と、ショートは語った。


 なかなか選手想いな監督では無いか。思いが空回りしているが。

 喪服と言うのも斬新だろう、これで選手のやる気も上がるな。あんたが女だったならば。

 最後に格好良い事も言っているし。良く解らないが。

 まぁ、何だ。

 せめて一般的な勝利の色である赤にするべきでは無かろうか。

 これといい、これといい、チェス大会は地味なネタの提供源だな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/115-50507f5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。