上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ロサンジェルス 8日 ロイター] 米人気歌手マライアキャリーは、政界進出したポルノ女優のマリー・キャリーが自分と似た芸名を商標登録するのをやめさせようとしている。

しかし、ポルノ女優のキャリー(本名マリー・クック)は8日、国際的なスーパースターの脅しには応じずに自分の商標出願を進めると述べた。

「私はマライアと戦うつもりです。なぜなら私は長いことマリー・キャリーと名乗ってきたのですから。ちょっとおかしいですよね。私はポルノスターで、長いあいだそれが私でした。彼女は愚かしいわ」と、彼女はロイターに語った。

『ダブルエアバッグ11』『ブーブズヴィル・ソロリティ・ガールズ』 などの映画に出演してきた彼女は、2002年からマリー・キャリーの芸名を使用しており、アーノルド・シュワルツェネッガーに対抗してカリフォルニア知事に立候補した。彼女は今年、この名前の商標登録を申請した。

10月、彼女はマライアキャリーの弁護士から、もし申請を引き下げない場合は法的手段に訴えるという通達を受け取った。

弁護士ロバート・ベッカーは、「マリー・ケアリーとマライア・キャリーは、まったく同じ姓と非常に似通った名です」と言っている。さらに、ポルノ女優がオーディオおよびビデオのための商標利用を求めていたことから、「あなたのクライアントおよびマリー・キャリーの商標と、私たちのクライアントおよびマライア・キャリー商標の間で混乱が起こることが予想されます」と書いた。

またベッカーは、マリー・キャリーが名前を「成人向けエンターテイメント」のみに使用し、歌唱や音楽演奏はしないように要求している。

「これは商標登録を止めるための専門的な手続きです。マライア・キャリーは、マリー・キャリーとまったく関係がありません」と、マライア・キャリーの広報レスリー・スローン・チェルニックは述べた。

マリー・キャリーの弁護士デヴィッド・ベイヒマンは、マライア・キャリーが勝つ可能性はわずかしかないと信じている。
「まず思ったのは、マライア・キャリーは自分の弁護士が彼女を何と並べているのか知っているのだろうか、彼らは本気で心配しているのだろうか? ということでした。彼らはファンが混乱すると本気で思っているのでしょうか?」

1990年代にポップ・チャートを支配したマライア・キャリーは、一時期スランプに陥ったが、アルバム『MIMI』が2005年のベストセラーになり、完全復活を果たした。彼女はシングル「ウィ・ビロング・トゥギャザー」でグラミー賞を受賞した。


 マライア・キャリー等知らぬ聞かぬが、やっている事が気に入らない。

 こう言っては何だが、全然似ておらぬ(イメージヴォイス:じまんぐ氏)

 キャシーは兎も角、マライアとマリー(Yahooだとメアリーだったが)の共通している部分等マと『r』位では無いか。仮にマライアの方を愛称で呼ぶとしても、彼女には『ミミ』と言う全く別の愛称がある事からして、ファンや回りがあえてマリーと呼ぶ事もあるまい。
 
 大体、それを言ったら、日本のAVやAV女優はどうなるのか。あいつらの良くもまぁそんな名称が思いつくものだと感心したくなる程のパクリ具合(と言うか、丸っきりそのままのも多分にある)に比べればこの程度の近似等問題にもならぬ。

 はっきり言って、マライアの言い掛かりである。そういえば、マライアとマラリアは似ているな。

 とは言え、

 アーノルド・シュワルツェネッガーに対抗してカリフォルニア知事に立候補した

 このマリー・キャリーの方もどうかと思うが。シュワちゃんに対抗と言う発想が何ともはや。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/116-885eb5f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。