上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ベルリン 15日 ロイター] ドイツケルン市が今年、“セックス税”で82万8000ユーロ(約1億2800万円)の税収入を得ることになるという。

当初の予想をはるかに上回る収入となるのは、2004年にケルン市で導入された“セックス税”。世界における税のパイオニア、と自負するケルン市によると、2005年に79万ユーロだった同税収入が、今年は約82万8000ユーロになるという。

ケルン市は行政改革のあおりで現金不足に陥り、2年前にこの税を導入して以来、売春婦一人につき毎月150ユーロ(約23000円)の税金を支払うことを義務づけた。

また、“お楽しみ税”というものがあり、こちらは最初、徴収対象をカジノやゲームセンターとしていたが、2004年にその範囲を売春宿、マッサージ店、ダンスクラブにまで拡大し“セックス税”の一部となった。

2006年にパートタイムで売春を行っている女性から毎月150ユーロは高すぎるとクレームが発生、本職でない売春婦は活動した日のみ一日6ユーロ(約926円)となった。当局によると、売春婦のほとんどが毎月数日しか営業しなかったことを証明する書面を持っているという。

ドイツでは売春が合法であり、セックス産業に従事する者は収入にあわせた税金、また付加価値税の支払いが義務づけられている。


 ケルンと言うと、浅学な身としてはケルン大聖堂やオーデ・コロン、古代羅馬時代からの古い都市と言う位の知識しか無いのだが、税のパイオニアを自負していたとは。

 しかし、まるで中世の結婚税や初夜権を連想させる話だな。

 日本円にして一億以上設けている訳だが、どれだけ人々が餓えているかがよく解る。まぁ半分冗談であるが、現代社会の肥大化した欲求、娯楽を求める精神に税金を掛けると言うのは良い目の付け所だな。

 日本でも是非見習おう、と言うお決まりの台詞を吐いて置く。

 所で、

 ドイツでは売春が合法であり、

 と言う部分は、彼等の類稀なる合理主義が垣間見えるでは無かろうか。

 しっかりと、認めてしまっている辺りが、エロい偉いな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/127-0207479e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。