上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[北京 19日 ロイター] 中国で、結婚式に向かう花嫁と付き添いが、ナイフで武装した集団に襲われ、花嫁が誘拐された。誘拐の首謀者は花嫁の元ボーイフレンドとみられている。

北京ニュース』によれば、事件は17日、中国北西部の陜西省で発生した。花嫁たちは交差点で武装集団に道を阻まれた。

目撃者のひとりは「彼らは花嫁が乗る車の窓をナイフとパイプで破壊し、花嫁を引っ張り出して自分たちの車に乗せ、逃げていきました」と語っている。

花嫁は22歳の看護婦。彼女の父親は、誘拐の主張者は娘の元ボーイフレンドに違いないと発言した。
「彼は娘が病院でインターンをしていたときに、そこに入院しており、彼らはつきあっていました」と、彼は言う。

15人の警察官が捜査にあたっているが、18日の夜の時点では、花嫁も元ボーイフレンドも居場所がわかっていない。

報道によれば、花婿は、いったん結婚の儀式をはじめたら中止することはできないという地元の慣習に従い、花嫁なしで最後まで儀式を行ったそうだ。
また、彼はその後体調を崩し、病院で治療を受けているという。

中国の古典文学には、恋人たちが家族が決めたお見合い結婚に反逆して大胆に花嫁の誘拐を行う物語が散見されるが、今回の事件では女性が軽傷を負っており、関係者は少なからずショックを受けたようだ。

「白昼堂々の花嫁誘拐を見たのは初めてです」と、目撃者は語っている。


 「白昼堂々の花嫁誘拐を見たのは初めてです」と言うが、夜間でもまず無いと思われる。

 しかしまぁ、RPGのオープニングみたいな話であるな。

 少々赴きが違うのはまず舞台が中国である事である。まぁ幻想水滸伝の様な作品や三国無双等の作品がある昨今ではそう珍しくも無いか。明らかに狙った勘違いをしているがな。

 今一つは、最愛の花嫁が前の彼女と言う因縁の相手に攫われると言う一体どれ程の男が遭遇出来たか、出来るか、出来ようか解らないイベントフラグが立っておりながら、『地元の習慣だから』と、花嫁奪還に行かなかった花婿である。

 お前は、爺婆の戯言と愛しい嫁の、どっちが大切なのか。

 と、思ったのだが、

「その後体調を崩し、病院で治療を受けている」

 と言う一文より、もしかしたらだが既に奪還に向かうも負傷、失敗した可能性がある。

 それはそれで駄目であるし、まぁまず無いと思われる。

 或いは、行こうとして爺婆にやられた可能性も無くは無いがもっと駄目だ。

 何にせよ男ならば早々に復帰、奪還しに行くべきだ。

 で、無いと、明らかにテンション高そうな父親が、メトロシティの戦う市長ばりの活躍を魅せつつ、花嫁を奪還してしまうかもしれぬ。何せ中国だから怪しげな武術を修得しているであろう。

 不味いぞ花婿。マッドギアに攫われた嫁が今度は父親に取られちまう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/130-a27fa6ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。