上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.25 聖夜の贈り物
 スペインの小さな田舎町、総額約608億円の大当たり
マドリッド 22日 ロイター] スペインの小さな田舎町に住む人々が金曜日、世界で最も賞金金額が大きい事で知られる「El Gordoロトくじ)」で総額3億9000万ユーロ(約608億6000万円)の当たりを引き当てた。

大当たりを引き当てたのは人口6000人のアルマザンに住む人々。この日は皆がシャンパンを飲み、歌い、踊ってクリスマスに億万長者となった喜びを分かち合った。

今回、当選番号「20297」が記載されたロトくじは1800枚だったが、そのほとんどがアルマザンで販売されたことが原因。

町に住む女性の1人は、赤ちゃんを抱きかかえながら「家族全員で1000万ユーロ(約15億6000万円)ですよ。もう信じられません」と喜びを語った。

El Gordo」は欧州一ギャンブル好きと言われるスペイン人に大人気のロトくじで、当選番号の発表時には多くの店や会社などが業務を一時中断するほどだ。

当選番号はサンイルデフォンソにある孤児院に通う少年少女が歌って発表され、その模様はテレビで生放送される。

スペインでは4人に3人が購入する同ロトくじは、インターネットでも販売されている。数千人が当選するが、億万長者となれるのはほんの一握りの人々だけ。チケットは一枚200ユーロ(約31210円)するため、少しでも当選確率を上げようと職場の同僚や家族、飲み仲間などで共同出資して数枚購入される場合が多い。


 自分が家でイヴを過ごし、特に何事も無くクリスマスとなった訳だが、奇跡とはあるものだな。

 このアルマザンの人々は共同出資で払い合ったのだろうか。どうもその様な感じだ。それでも元が元なだけに一人頭でも相当な額となったであろう。羨ましい限りだ。

 こっちはフォンデュと白ワインが腹の中で練成→固定化されていると言うのにあな憎らしや正に赤いサンタクロースの発祥地らしいプレゼントだ。皆大いに歓んでいる事だろう。クリスマスには相応しい話だ。

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/136-4a93e9f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。