上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ベルリン 25日 ロイター] 強盗に銃をつきつけられたタクシー運転手が、「今日はクリスマスイブだ!」と叫んで強盗を追い払った。

警察の広報担当官ミヒャエル・メーラーによれば、日曜夜、ドイツ西部の街ビーレフェルトで、10代の強盗が駐車されていたタクシーのドアを開いて金を要求した。

運転手は金を渡すことを拒否し、車から跳びだして助けを呼んだ。少しだけ乱闘になった後、強盗は逃走した。

「タクシー運転手の抵抗とクリスマスへの言及は明らかに犯人を取り乱させました」と、メーラーは述べた。18歳の強盗犯と16歳の共犯者は後に逮捕された。

[ベルリン 26日 ロイター] クリスマスイブに郵便局から3000ユーロ(およそ46万7650円)を盗んだ泥棒が、数時間後に戦利品の大部分を返却した。ただし、1000ユーロ(15万5880円)は自分のために取っておいたようだ。バイエルンの警察が発表した。

罪悪感を抱いた泥棒は、バイエルンの警察に電話して謝罪し、「愚かな間違いをした」と言い、金を封筒に入れて地元教会に置いておいたと告げた。

封筒には2000ユーロが入っていた。「どうして3000ユーロ全部を持っていってしまわなかったのか、彼の良心はよくわかりません」と、警察の広報は述べた。


 独逸より、ちょい心温まる話を。

 自分なんかはチーズフォンデュを食べてウンウン唸っていた全く宗教も糞も無い日であり、また法王自身からして批判的な日(ちょっと見直した)であるクリスマスとそのイヴも、しかし欧州の民達にとっては、その精神が少しなりとも残っているのだな。

 とは言え、前者も後者も、そもそも悩む良心があるのならやるなと言う話ではあるがな。特に後者は、幾らかは手元に置いてある辺りが駄目と言うか、まぁそんなものかと思う話だ。

 しかし、前者は案外使えるかもしれない。『お袋が泣いてるぞ』の系列で、相手の良心に訴えかける言葉を吐くのだ。今の季節と、犯罪を行う者の心理からしてこの言葉しかあるまい。

 『今日はヴァレンタインデーだっ』

 良心の元、大いにボコられそうだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/141-141b452a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。