上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.07 玄冬
 静岡のは暖かい、とされているが少なくとも我が地域、そして体験的に言ってそれは嘘である。
 いや、雪は積もらない所か滅多に振らず、日光も心地良く降り注ぐはする。

 しかし、一つ問題がある。だ。

 地理には疎いので良く解らないのだが、自分が住む辺りは風が強い。この所為で、雲が流れ、雪が降らず(本当に降らない。たまにちょろちょろと来る程度で、十年に一度の割合で凄いのが来る。ある意味異常気象)積もる事無く流されてゆくが、同時に体温も奪われる為にかなり寒い。雪が深深と降るならば風情があるし、だんだんと慣れて行く為かそんなに寒いとは感じないが、風は最悪である。身所か骨に染みる。

 かような訳では外から出たくないと思っていた今日は、何時にも増して風が強かった。もとい、雲の流れが明らかにおかしい。濁流のそれに似た褐色の雲が強々と音を立てて突き進んでいた。

 朝では従姉が成人式で晴れ着姿(親類ながらなかなか可愛らしかった。ただ普段ショートヘアか伸ばしても肩位のイメージがあった為、結った時の髪のボリュームが凄かった)を見せに来たが、大変だな、と思ったものである。

 そして異変は起こった。

 自室に戻ろうとひたひたと廊下を歩く足がこそばゆい。と言うか、歴然と痒い。普段靴下やスリッパの類を履かないでいるその生足の、痒さの元である指先を見ると、赤く変色しているでは無いか。

 いや、確かに自分は体質的にか、それに成り易い。

 が、しかし家の中で霜焼けになったのは初めてである。

 それも一歩も外には出ていないのである。

 自分が生足であった事や自室が北側にある事、暖房器具を付けていなかった事も関連するかもしれないが、恐るべしの遠江、と思っていたら、どうやら今日は日本全国でその様な状況であったらしい。

 上の記事によればかなりの被害が出ているそうだ。寒い寒いと偉そうな事を言ったが本家たる北海道や東北に比べれば、まだまだであるらしく、少々反省と共に被害がこれ以上広まらない事を祈るばかりである。

 まぁしかしデイ・アフター・トゥモロも近いと思ってしまうものだな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/167-8047bf1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。