上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[北京 16日 ロイター] 隠居した中国人夫婦が、カナダに移民した息子の代わりに自分たちの面倒をみる「」を募集したところ、100人以上の候補者が集まった。

『広州日報』紙によれば、武漢に住む元建築工事専門家と大学教授の夫婦、ティエン・ゼンドンさんとディン・シュフイさんは、ひとり息子が妻を連れてカナダに移民して以来、「寂しく困惑して」しまった。息子は毎週電話をしてくるのだが、中国には戻りたくないと言っているそうだ。

母親のディンさんは「私は彼を行かせてしまったことを後悔しています」と語った。

夫妻は息子を訪ねてカナダに行ったことがあるが、そこでの生活には適応できなかったそうだ。

6年にわたる寂しい生活の末、夫妻は自分たちの面倒を見る「」を募集することに決めた。彼らは3年の試用期間のあいだ、にアパートを提供する。

「使用人ではなく、私たちが死ぬまでいっしょにいる誰かを捜しているのです」と、父親のティアンさんは語った。

夫妻はもうすぐ最終候補者5名からひとりを選ぶことになっており、「過酷な競争」は最終ステージに入った、と『広州日報』は報じている。


 息子の為に嫁探し、と言う話は聞く。逆もまた然りだ。しかし、

 自分達の為に探しと言うのを聞いたのは初めてであるかもしれぬ。

 また、それに百人以上も集まったと言うのだから驚きである。余程提供されると言うアパートが素敵なのか。募集元である夫婦の元の肩書きを見てもかなり裕福な層であると思われるで、玉の輿を狙う解らないでも無いがな。

 しかしまぁ、自らの選考であるとは言え、血縁関係も婚姻関係も無い、友人ですらはたまた知人ですら無かった人間を、として住居を提供しよう、と言うのは個人的に良く解らない考えだ。

 それ程までに寂しいのだろうか。寂しいのだろうな。

 多分、自分がその年になるまできっと解らない事であろうな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/189-7905e98a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。