上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.18 人を殺すとは
 人が人を殺し、また同時に殺さない理由は様々だが、結局の所一つである。
 要はつまり、損得勘定なのだ。

 これは勿論金銭的なものだけで無く、肉体的なもの、精神的なものも含まれる。

 あの憎らしいあいつが、この世の中から消えてなくなればいいのに。

 あの人が死んでくれれば、私は多額の保険金を貰う事が出来るのに。

 もう誰かの世話なんてしたくない、さっさとくたばっちまえばいいのに。

 同期のあの野郎の所為で俺は万年平社員だ、あいつさえ居なけれ俺だって。

 ならばいっそ自分の手で。

 この様に様々な状況において、その人物を殺して自分が得か損かを考えた後、得であれば人は人を殺すのである。だが、多くの人は人を殺していない。それは明らかに殺したら損をするからだ。

 損をさせる様にしている一番の要因は法律である。法律はあくまで抑止力であり、やろうと思えばやれてしまうのだが、しかしやった後で受ける罰を思うと、多くの人はそこで考えを改める。

 それに加えて良心の叱責、周囲からの目と言う精神的なものも付属する。

 だから、どれだけ憎かろうと儲けられようと、損をするのなれば誰も殺すまでは行かないのである。

 まぁ何が言いたいかと言うと、人間一人や二人や三人や四人や(中略)百人位は殺したい奴がいるものであるが、損得を考えると損なので誰もやっていないだけであり、皆考えている事は一緒だよ、と言う話だ。

 後ろ向きに明るく行こう兄者よ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/190-0822e2ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。