上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[バンコク 29日 ロイター] タイのスパ施設に男性器を形どった柵が設置されていたが、隣人からの苦情によりの花の形をしたものに変えられることになった。29日、政府の役人が発表した。

観光客でにぎわうプーケット島の、小さな村の入口および海岸近くに位置するサッパヤ・スパは今月、敷地のまわりにヒンドゥー教のシヴァ神を象徴する男根像18体を設置して、地元住民を怒らせていた。

「住民たちはそれに堪えきれず、私たちに助けを求めました」と、プーケット島の文化事務局代表者タウィチャート・インタラリットはロイターに語った。

数週間にわたる交渉の末、熱心なヒンドゥー教信者であるスパの所有者は折れた。彼は問題の彫像が自分に商売繁盛の幸運をもたらすと考えていた。

「彼は月曜日から業者を雇ってセメントで彫像をの花の形にすると約束しました」と、インタラリットは述べた。

リンガ」と呼ばれる男根像はシヴァ神の神聖な象徴で、宗教学者たちはそれに多種多様な解釈を与えている。性交の象徴とされることもある。

タイの人口6400万人の大部分は仏教徒だが、その多くがヒンズー教の神々も同時に崇拝し、ヒンズー教の習慣を実践している。


 タイと言えば仏教国のイメージが強かったが、成る程、微妙にヒンドゥーも入っている訳か。しかし、この話を見るに、純粋なヒンドゥー教徒は余りおらず、仏教徒が優勢である様だな。

 まぁ、宗教観のの相違と言うものであろう。宗教が変われば風習も変わる。此方で信じられなくとも、彼方では信じられるのだ。この場合だと或いはもっと単純に、タイ人の世俗化が進み、リンガ=男性器を良しとしなくなっただけかもしれないが。

 所で、リンガの像とは具体的にどの様なものか、と思っていたら、こちらで写真があった。

 嗚呼こりゃ訴えられるわな。

 住人達が仏教徒であったにしろ、世俗化していたにしろ、これが18本タイ人では無いが日本人として考えるとこの数字もまた卑猥だな)はキツいと思った次第。だがヨーニの方だったら或いはな。効能は知らないが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/217-561b64f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。