上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 患者に犬の首輪は治療の一環? 精神分析医訴訟
[シドニー 30日 ロイター] 患者への性的脅迫を行った疑いで告訴されたオーストラリアの精神分析医は、女性患者に犬の首輪をつけ、自分をご主人様と呼ばせるのは精神分析医の倫理的ガイドラインに抵触しないと主張している。

精神分析医ブルース・ビートン被告 (64) は、2005年にも22歳の女性に対する4件の性的脅迫容疑で西オーストラリア地方裁判所の無罪判決を受けている。

オーストラリアAP通信の報道によれば、警察はビートン被告が女性患者を診療するのを秘密裏にビデオ撮影しており、鞭を打つ音を聞いて逮捕に踏み切った。

ビートン被告は30日、大食症患者の治療に他の方法が失敗したので「主人と使用人」療法に頼ったと法廷で述べた。彼は女性に犬の首輪を着けさせ、自分をご主人様と呼ばせることでより強力な信頼関係を築くことができると考えたそうだ。

彼は、こうした療法がオーストラリア精神分析協会で認められていると主張し、 「それは倫理的ガイドラインの範疇です」と発言した。
「私が彼女を殴っても構わないと言っているわけではありません。私は彼女を殴っていません」と、彼は言う。
判決はまだ出されていない。


 成る程、まるでエロゲの様な話だ。と言うかエロゲだ。発想とかがな。正にエロゲヲタだ。

 だが、ちょっと待って欲しい。

 精神分析医ブルース・ビートン被告 (64)をエロゲヲタな犯罪者と主張するには早計に過ぎないか。

 確かに、女性患者に犬の首輪を嵌める等羨ましい愚かしい行為である。だがしかし、女性患者としてはどう考えているのか、或いはどう言う風に訴訟しているかが解らない。これだけを見ると、警察の独断による行動に思える。

 また、この行為が精神分析医の倫理的ガイドラインかどうか等素人には解らない。プロの観点からすれば、それはガイドラインの範疇かもしれないでは無いか。カメラで撮影していたのも後で資料とする為かもしれぬし、それを秘密裏に、と言うのも患者を配慮しての事だろう。

 「私が彼女を殴っても構わないと言っているわけではありません。私は彼女を殴っていません」と言う発言は、いまいち解らないが、警官の踏み込みに際して、鞭を叩く音と言っているので、確かに殴ってはいないだろう。鞭で打っていたのだから。

 この様に、ビートン被告は真っ当な精神科医であるかもしれない。今こそ冷静な議論が求められる。

 うん。

 ねぇよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/219-7c4c667b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。