上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 祖父、アナコンダに巻き付かれた孫の救出に成功
[サンパウロ 9日 ロイター] 体長5メートル、体重35キロのアナコンダに巻き付かれた孫を、66歳のブラジル人男性がほぼ30分の格闘の末、救出に成功した。

アナコンダに巻き付かれてしまったのは、マテウス・ペレイラ・デ・アロウホ君(8)。動物学者は、もしアロウホ君のおじいちゃんが助けてくれなければ、おそらく助からなかっただろうと話す。

世界最大のヘビであるアナコンダは無毒であるため、巻き付いて獲物を窒息死させる。

水曜日、アロウホ君はサンパウロの西方310マイル、コズモラマに住む祖父宅を訪れていた。友人らと一緒に祖父の農場で遊んでいたところ、小川の近くでアナコンダに襲われたという。

地元紙によると、「とっても素早くて何も出来ませんでした。おじいちゃんはヒーローです。もう死ぬと思ってとても怖かった」とアロウホ君は話したそうだ。

車で家に向かっていたジョアキム・ペレイラ氏(66)は、孫が助けを呼ぶ声を聞いて現場へ駆けつけ、アナコンダと格闘となった。アナコンダは孫だけでなく、自分にも巻き付こうとしてきたという。

約30分後、ペレイラ氏はナタでアナコンダを殺して決着となった。

「私の人生で最も恐ろしい場面でした。巻き付かれた孫が泣き叫び、死にそうになっていたのです」とペレイラ氏。


 アナコンダと言えば映画でよく巨大化して襲い来るモンスタースネイクの代名詞だが、それ以上に、

 おじいちゃんTueeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!

 いやいや、ナタだけで勝ってしまうとは、老人パワー恐るべしだな。熊を老人が倒したと言う話を良く聞く事を考慮すると、老人野生動物に対して強い様だ。

 殊蛇相手に番犬では心許ない。一家に一人老人を。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/244-a06d1bd2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。