上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 大分前になるが、某ファミレスを止めた。何処でも聞くが飲食関連はきつい。

 そして数ヶ月バイトはやっていなかったのだが、つい先日レンタルビデオショップで働く事となった。
 ビバ、クエンティン・タランティーノである。

 まぁ映画を見られる訳では無いが、返却されたものを棚に返す時これはと思う作品に目星をつける事が出来る、何時何が入って来ているか解ると言う按配で、趣味と実益を兼ねている。

 尚、今見たいと思っているのは、ベルリン・クラッシュだ。色々な意味で実に馬鹿(褒め言葉)だからだ。尚、この馬鹿と言うのは、『ル・ブレ』や『TAXI』等の馬鹿であり、雰囲気的には仏蘭西的オサレを感じさせる。が、内容を見ると、考えて考えて考えた末に盛大に勘違いな大変独逸らしいものだがな。コメディなのだがコメディになりきれないちょっと寒い感じもあるが、それはまぁだって独逸だからと思っておこう。

 かような訳でなかなか楽しいのだが、しかし楽しいだけが仕事では無いのは当たり前の話だ。

 まず、長時間立ちっ放し、もとい現状は棚戻し作業が主である為に歩きっ放しで、足腰に来る。流石に五時間ばかり延々棚とカウンターを往復、それも階段の上り下り付きと言うのはちとキツい。まぁ、普段の生活が自堕落であり、鍛錬になると思えば問題無いが。

 そして、何気に辛いのが、プロモーションビデオの音声である。プロモーション、と言うか、宣伝用のビデオだな。映像は見る暇が無いのでどうでもいいが、見たくも無い興味も無い明らかに糞つまらなさそうな邦画の音が絶え間無く、それも同じものをループして繰り返し聞かされるのはかなりきつい。嫌われ松子とか(後何かタイトル忘れたが、『●●を殺す気!!??●●は病気なのよっ太陽に当たると死んじゃうのよっ』みたいな台詞を行き成りほざく、ヒロイン含むDQN女満載の映画とか)本気で勘弁して貰いたい。二階建ての一階でゲームも売られているのだが、そちらの方では小っ恥ずかしいテイルズの宣伝がそれ単品でずぅっと流れている訳で、二重に辛い。

 だが、それよりも辛いのが、アダルトビデオコーナーへの棚戻しだ。別に、視線が気になるだとか、一物が気になるだとかそう言う話では無い。何処を向いても裸裸裸、その上お前等人に見てもらおうと思って付けてないだろおいと言いたくなる長く小さく何より細かい文字でびっしりと刻まれた卑猥なタイトルからたった一本を見つけ出して、元あった場所に返すと言う作業が、にきついのである。

 あれは正直拷問である。鏡地獄(見て無い読んで無いので、割合適当に言っている事をお許し頂きたい)の如くでは無かろうか。多分、一週間程アダルトビデオコーナーに監禁(食事等の便宜はちゃんと計るとして)したら、かなりの人間が数日乃至一週間で完全に発狂するだろうと思う。

 と、色々と苦言を吐いたが、某ファミレスに比べれば全然楽であるし、前述の通りパッケージを見ているだけでも楽しいものだ。少なくとも、過労と脱水でばたんきゅーと倒れると言う事は在り得ない仕事に安堵している所である。まぁゆっくりやって行こうと思う。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/245-974bec12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。