上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 銀雨ことシルバーレインの話題は久しぶりな気がするが、バレンタイン終了と共にGTにて、ホテルいちご貴族のサブシナリオ『VIPアンダーグラウンド』が更新されていた。
 内容の方は、ただの郊外にあるラブホだと思われていたいちご貴族地下が実はこんなのばっかりな気がするがVIP御用達の性的社交場であり、そんな淫らな行為で生まれたゴースト達を退治して来いと言うもの。バレンタインの直ぐ後にエロゲパーティでYeahと言うのが実に良い趣味をしているな。いや、寧ろだからこそ、なのか。

 実際に暁徒で潜って見た所、その背景の嫌らしさに比例する様にダンジョンの趣向も地味に嫌らしかった。

 敵が小部屋に入る度にわらわらと出て来る(実際はそうでも無いかもしれないが)仕様であり、大変鬱陶しい。またボス部屋は、敷居の無い広大な部屋に、炎の魔弾に相当する遠距離攻撃を持ち、術式に特化した千年伯爵+キラートマト×バットマンのペンギンの様なホテルの真のボス・いちご貴族と、それに付き従う遠距離、範囲攻撃持ちの無数のリリス達(特に範囲回復を持つデラルテ)が跋扈し、露骨に嫌な按配である。

 それからさり気にネックとなったのが、敵の数とこちらのレベル、そして帰還ショートカット地点だ。

 何度も話題として出しただろうが、うちの暁徒は打たれ弱い。クリティカルの一発でも喰らえば、あっという間にパターン:オレンジであり、下手をすればレッドにも行きかねない。

 であるからして、現状は敵のレベルを上げない為にソロ乃至二人パーティを基本とし、ダメージを食らっては撤退すると言うWiz的方法を取っていたのだ。

 しかし、今回帰還する為のショートカット地点は一箇所しかなく、またマップも煩雑であるがそれ程長くない為、戻るに戻り難い。暁徒自身のレベルも上がっている為、戦力増強の為の二人パーティの場合敵側の方が強くなってしまうのだ。その敵の数も小出しだが多いと言う感じであるのもきつい。

 これに対する解答としては、回復アビリティを持つ者を含んだ四人パーティによる敵を上回る味方戦力の増強であるが、この方法は戦闘時間が増えてしまうと言う別の問題がある。

 まぁ、経験値上限に到達し、カードを全て手に入れたら、やる事は無いだろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/249-c5b1e3e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。