上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ロンドン 25日 ロイター] 幼く見える女性がレモンの樹の下に裸で座っている映像を使ったシャワージェルのCMが英広告基準審査委員会(ASA)から「不快で不適切」と指摘され、放送禁止になった。

シャワージェル「オリジナル・ソース」のテレビCMに登場しているのは成人女性だが、ASAは未成年だと受け取る人々がいると裁定した。

「モデルを未成年だと勘違いする人々がいるおそれがあるので、CMにおける性的なトーンと露出は不快で不適切であると判断しました」

ASAは現行のままCMを放映することを禁止するという。

モデルは16歳以下であり、性的に過激な演出がなされているという苦情が寄せられたという。

製造元のPZクッションズは困惑気味だ。CMは製品の自然さを表現するもので、モデルがいくつに見えるかは主観的なものだと反論している。

同社は、同じ女性がメイクをし、服を着ればうんと大人に見えるという。また苦情に驚愕したといい、CMを再編集して、女性の肩より下の映像は使用しないことにしたそうだ。


 これはまた非常に難しい問題だ。

 確かに、見た目とは見る人の主観でしか無く、年齢的に成人に達しているのであれば、何も問題はあるまい。CMを見ていないから何とも言えないが、木の下で裸で座っていると言うだけであれば、ヴィーナスの誕生辺りもかなり危うい。様は、そこに性的なものを見出すのもまた見る者の主観であると言う事だ。エロいと思う人はエロいと言い換えてもいいな。割れ目で、毛が生えてて、突っつくと液体が出る、ま○こって何だ?と言う奴だ(答えはま”な”こ=眼)

 しかし一方で、テレビを見ると言う受身の行為を取らざるを得ない者に取っては、その主観こそが全てだし、知識があればある程そうとしか思えない事もまたある。「口に毛の生えた棒を突っ込んで、出したり入れたりしながら、最後に白い液体を出すものなーんだ!!」と聞かれれば、アレを連想せずにはいられないのが大人と言う奴だ。答えは歯磨きである。

 かく言う訳で、どちらの考えも解らなくは無い。エロゲなんかで良くある、年齢的には成人だが外見的にはどう見ても○学生以下な少女があんな事やそんな事されるのを見て、いやちょっと待て、と言われても致し方ないと言うものだ。その是非についてはここでは問わないけれど。

 一つ、案が思いついたので提供するならば、いっそ肩から下を出さない等と言わず、80を超えた老女を起用してみたらどうか。幼いのが問題なのだから、逆にうっんと高くしてみるのである。こうすれば文句は言われないだろう。まぁ別の方向から文句が出てくるだろうがな。

 しかし、我ながら今回は下ネタが多い。少し反省。

 追伸:このBlogでキャプチャが載っていた。確かに見えなくは無いが、さりとて卑猥な風に見えるかと言うと、さもありなん。やはり、エロいと思う人はエロいと言う事で正解の様だ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/25-39e37840
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。