上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.18 DDD1感想
 主に二次元の世界であるが、世の中には性別の地平線を軽々と飛び越える人間が存在する。

 男なのに女に、女なのに男に見えるのだ。
 中性的とも呼ばれるその様な人々は、時に見る者を混乱の渦に巻き込んでしまう。

 自分が最初に巻き込まれたのは、ヒカルの碁のサイだっただろうか。始めて見た時から、その行動、言動に至る全てから、見紛う事無き女性であると思っていた。だが作者の巻末コメントで、見た目に騙されていた事を知ったのである。

 最近ではD.Gray-Manの神田ユウに騙された。二巻の最初で晒し姿の時は、何と胸の薄い女性だろうかと思った。その幻想が二巻ラストに至って脆くも崩れ去る事を知らずに。

 他に危なかった相手としてはハンター×ハンターのクラピカも上げられようか。カルトの方はどちらであるか不明であるが、どうも男であるらしく、騙された気分だ。後、SBRのホットパンツは、女の様な男が多い中で、稀有な逆のケースである訳だが、荒木絵なので微妙である。

 こうして見ると、ジャンプ系で妙に多い気がするな。

 また、銀雨ことシルバーレイン等PBWのPCからこの様な勘違いを上げれば枚挙に暇が無い。

 だが何時からだろう。

 性別なんて関係無く、可愛ければ萌えられる様になったのは。男だとか女だとか、そう言ったものが…少なくとも二次元の上で、但しビョルン・アンドレセンと言う例外も多分に存在するが…意味を成さなくなったのは。

 理由は不明だ。だがしかし、結果としてそうなっているのである。

 DDD1感想と銘打ちながら偉く長い前置きとなったが、何が言いたいのかと言うと、

 カイエかーいーよカイエ

 である。

 あれは良い。絵も含めて大変に良い。那須氏の作品の中では、翡翠とカレンが好きだがそれ以上に良い。二巻では是非、アリカの『カイエは大嫌いだがその笑顔は大好き』のジレンマを解消する様な、ラブい展開を所望する次第。

 ……と、言うオチで締めてもいいのだが、流石に不味いだろうと真面目に感想を述べると、大変に面白かった。

 あの文体は確かに独特だが、読み難いと言う程でも無く、とても惹かれるものがあり、一気に読み終えてしまった。HandSのRとLのトリックは、(普段ミステリーを読んでいない事もあるだろうが)あっさりと騙され、解答が出された折、嗚呼成る程と心地良く納得した。

 後、空の境界と似ていると思った。いや作者も作類も一緒なのだから、と言えばそうなのだが。ただ、作風が似ているだけで扱っている内容は別物だがな。アリカもカイエも他のキャラも、そも世界そのものが非日常を日常としているのだから。

 そこら辺りからして、相応にダークではあるのだが(久織家の話とか)、さらっと読めてしまうのはアリカとカイエと言う主役の在り方によるものだろうか。よくよく考えると凄い屈折しているのだが、本人達が気付いていないと言う矛盾が、後々の話に続くのかと思いつつ、続刊を楽しみに待つ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/251-2c4e78f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。