上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.23 ネットの力
[タリン 21日 ロイター] バルト海沿岸の国、エストニアで来月、世界初のインターネット投票ができる総選挙が実施される。

ネット投票は3月4日に行われる議会選挙で導入される。エストニアでは2005年の地方議会選挙で限定的にネット投票が導入されている。

ネット投票システムは今週初めテストされた。テストの中には、ムース、シカ、イノシシなど10頭の動物から「森の王」を決めるものもあった。

エストニアは1991年に旧ソ連から独立して以来、急速に近代化を進めており、IP電話大手スカイプの欧州における主要拠点の1つになっている。エストニアはeBayが所有するこのサービスの開発を援助した。

05年10月に実施された地方選挙では、ネット投票した有権者はわずか1万人弱だった。今回の総選挙では2月26~28日の間にネット投票が可能で、登録有権者94万人のうち2~4万人がネット経由で投票するものと、専門家は予測している。

投票は、電池チップが埋め込まれたIDカードを、コンピューターに接続されたリーダーに挿入し、2つのパスワードを入力して行う。

世論調査の結果では、現連立政権を構成している中道右派の改革党と左派のレス・プブリカ党が勝利する可能性が高いが、どちらの党が勝つかは不透明だ。

現在は、レス・プブリカ党が101議席中21議席を持ち、改革党より2議席多いが、首相は改革党のアンドルス・アンシプ氏だ。第3政党は人民党で12議席。


 ネット投票世界初である事に少々驚いた。

 何故ならば、ネット投票こそ投票のあるべき姿ではないかと思うからだ。

 知っての通り、ネットは匿名の場であると言われる。名前が容易に変更出来る為、基本的にその名に意味は無い。本人と直に逢う訳でも無いのだから、身体的特徴、見た目も意味を持たない。

 ではネット上で個人は何を持って評価されるかと言うと、名前や見た目等と言う外的なものを削ぎ落とした、真に純粋な意味での意見、発言乃至は情報である。

 一国民としてその意思を伝えると言う場としては、最適では無かろうか。

 また、ネットが繋がっているのであれば、自宅からでも、どれ程遠くとも投票出来る利点もある。昨今の携帯電話事情を考えれば、不在者票と言うのも存在し得ないであろう。

 ただ、ネットがその様な不確かなものである為、しっかりとした技術や方式が無いとなかなかやり難いではあるだろう。また、ネットに繋げられない人の問題も出て来る。総選挙であるからこそ、その脚で行くべきだ、と言う類の意見も(個人的には大変どうでもよろしいが)あると思う。

 そう言う諸問題は多々あるが、それでももしこれが成功したならば日本でも導入するべき、と思う理である。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/257-eba11e85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。