上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ロサンジェルス 5日 ロイター] エイプリル・ブラナムさん (39) は、先月28日に健康な男の子を出産する2日前まで、自分が妊娠しているのに気がつかなかったそうだ。彼女の体重は180キロ以上ある。

ロサンジェルスの南ガーデングローブに住むブラナムさんは2月26日、胃痛を訴えて地元の救急治療室に入ったところ、おなかに生まれる寸前の胎児がいることがわかった。

ブラナムさんの腹部のレントゲン写真を撮影して赤ん坊を発見した医師たちは、胎児検診のために彼女を近くのカリフォルニア州オレンジにあるUCIメディカル・センターに回した。

診察の結果、欠陥は全く検出されず、2日後の2月28日、ブラウンさんは体重3.4キロのウォルター・スコット・エドワーズ3世くんを帝王切開で出産した。

「私は疲れていますが幸福です。しあわせは疲労を埋め合わせます」と、ブラナムさんはロイターに語った。また彼女は、体重がおよそ225キロあった7年前に受けた胃バイパス手術がうまくいかず苦しんでいたそうだ。手術を受けても期待していたほど体重は減らず、肌がたるんでしまった、と彼女は言う。
「ちょうどそこに赤ん坊がおさまっていたの。彼は皮膚の中にいたから、私は彼がいるのを感じませんでした」

ブラナムさんはガーデングローブで婚約者のウォルター・エドワーズ2世さんと同居している。彼女は何年も前に子どもを持つ望みは捨てていたそうだ。
「経閉がはやく来たんだと思っていました。つわりだとか妊娠の兆しは全然ありませんでした」


 凄い。

 エイプリル・ブラナムさんの事では無く(いや、妊娠に気付かなかった、と言うのもなかなか凄い話ではあるが)ウォルター・名が似ているが死神では無い・エドワーズ2世さんの事である。

 欧米諸国もとい亜米利加では年齢増加に伴って体重増加が凄まじい勢いで比例する関係にある。だが見慣れているのか或いは脳の構造が違うのかは知らないが、それでも夫はおのれのワイフを愛す事が出来ると言う。

 とは、言え、流石に、180kgは、無いだろう。

 自慢では無いが、自分なら無理であると言う自信がある。

 ウォルター氏には全く持って敬服する他無いな。下手をしたら流産した可能性がある(で無くとも危なかったのは確かだ)とは言え、無事に出産した我が子と妻共々是非お幸せに、と言う言葉と共に、彼には名誉アンチェイン賞をお送りしたい所である。無論、ブラナムさんには名誉マリア賞だ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/277-e5bd2286
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。