上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[バリ(イタリア) 5日 ロイター] イタリアの家族3人が、親類の中学生男子に与えられた成績と学校での携帯電話禁止令に怒って、中学校の校長を襲った。

警察の発表によれば、3日、男子生徒の父と祖父を含む3人が、バリのロンバルディア中学校でウーゴ・カストリーナ校長を殴り倒したそうだ。

彼らは最新の通知表での成績と、過去22年間にわたって校長を務めているカストリーナ校長が出した学校での携帯電話の使用禁止令に腹を立てていた。

校長は病院に運ばれ、軽い打ち身の治療を受けた。彼は警察に付き添われて学校に戻った。
「一部の人々は気に入らないでしょうが、学校が機能するためには、規範が定められ、規則は守られなければならないのです」と、 彼は報道陣に語った。


 先日伊太利亜の女教師が騒がしい生徒の舌を切ると言う話があった折女教師も遣り過ぎだが生徒の側にも何かしらの非があったのでは無いか、と言う旨の記事を書いたが、どうやらビンゴだった様だ。

 しかも今回の事件、親が襲撃したと言うのだから凄い。日本の場合は精々怒鳴り込みに行く位だろうが、病院に運ばれ、警察沙汰になったと言うのだから恐ろしい。流石、もてるからと言う理由でマフィアが大人気の国(まぁ由来からすれば解らなくも無いが)なだけあるな。

 まぁ必ずしも伊太利亜の親全てと言う訳では無かろう。DQNは何処にでも居ると言う話だな。日伊は、昔のよしみもある事だし、ちょっと学校教育について話し合ったらどうだろうか。伊太利亜が途中で投げ出しそうなイメージが脳裏を掠めたが、きっと気の所為だ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/278-c0315165
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。