上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 そういえばSBRの十一巻と、D.Gray-manの十巻を読んだが、感想を書いていなかった。

 少々、所か、結構な時間が立ってしまったが、それを記そう。
 まずは、D.Gray-man。アレン復活と、カンダ対スキン・ボリック。

 展開が、封神演技の魔家四将辺りに似てる気がするな。まぁあくまで気だが。

 久々に登場したカンダが偉く強くなってる事に驚く。この漫画、いまいち個人の強さが解らないな。まぁ、ラビ達は日本まで連戦してきた事も間々あるのだと思われるが。

 そんなカンダも、伯爵相手には歯が立たず。と言うか、伯爵強いな。見た目や言動的に、前に出るとは思っていなかったので、江戸を吹っ飛ばしたギガグラビトンと、レロ刀剣化には、カンダ以上に驚いた。ラストバトルで変身するだろうな、とは思ったが、あの容姿で戦えたとは。

 そしてそれを防ぐアレン・神ノ道化姿は好きだ。あの姿は、伯爵と対になっている訳だな。能力がいまいち解らず、またコートとの兼ね合いが微妙だが、個人的には気に入っている。

 後半はカンダ対スキン・ボリック戦。能力バトルとしては少々不満が残るも、壮絶な戦いであった。まぁ両者とも生きてそうだが。特に前者は、クロス辺りが助けているだろうね。

 次回は、クロちゃん戦。どうもやはり壮絶な戦いを繰り広げるらしいが、さてどうなるか。

 続いてSBR。サイレント・ウェイ戦、そして黄金の斧にかけた新たな遺体の話。

 黄金長方形と言う、実にジョジョなものが出て来て、パワーアップするジョニィが素敵。能力も、ただ単に威力が上がるだけでないのもそれっぽくていいね。スタンドが、ルビサファ以降のポケモン的可愛い→きもい進化を辿っているのがちょっと嫌だが。

 しかしサイレント・ウェイの彼との決着は、なかなか格好良かった。SBRに入ってから、西部劇を思わせる様な、同時に得物を握って放つ様な戦いが入ったのが良い塩梅。死に様も、実に彼らしい最期だったと思う。ここで消えるには惜しいキャラだが。

 尚、彼に対しては色々と思う所があり、それについてはまた後述する。

 彼よりも問題ははその後に出て来た彼女で、あれは驚いた。最初の出会いがもう少しマシだったならばなぁ。

 で、黄金の斧。あの話はイソップだったかな。時代的には、彼の御方よりも前であり、それを実にジョジョらしい、ドドド擬音が似合う風にした話は、ホラーが利いてて良かったな。

 そして受けさせられる新たな試練。足音を隠す十一人(十一人、と言うと個別の十一人、或いは『十一人いる!!』を思い出させるね)の者達は何者なのか。そして、遺体の試練を、二人はどうやって乗り越えるのか。続きが楽しみである。

 所で、シュガーの顔がブチャラティに見えたのは自分だけだろうか。個人的に彼女は子ブチャと呼びたいね。

 さて、感想はその辺りで置いといて、次は考察。彼について。

 まぁサンドマン、いや正式にはサウンドマンだが、の事であるな。

 色々とこう、矛盾する内容に読めたが、しかし改めて考えるとそうでも無いな。

 まず、彼のスタンド能力『イン・ア・サイレントウェイ』が、初期で片鱗を見せたそれ(砂を操った様な)とは違うものであった点は、恐らく砂の像はサイレントウェイの能力の一部だったのだろう。擬音を流し込み、音が擬態した現象を発現させる、乃至現象を起こす形状に固定する風な能力である事からして、砂のアレも原理としては起こせるのでは無かろうか。無音を形にし、透明化…と言うのは少々厳しいがズギュゥゥと言う擬音で大ジャンプしたとか。

 また姉や部族の者達までもが間違った通名サンドマンと呼んでいた事については、恐らく以前より白人と接触して(本を読んでも発音は解らないだろうから、第一話以前よりも。そして、長らく部長がかくまっていた事から長期に渡り。)英語を覚え、白人風に改名したのだと思う。音を奏でる者であれば、個人を示す音、即ち名前も重要視するだろうから、名は体を現すの精神で、白人風のものの考え方をする為に、それでも尚心までは売っていない、カネを主とする白人の概念を皮肉る意味もあって、あえて誤った発音であるサンドマンとしたのでは無いか、と思う。

 まぁそう言う訳で、サンドマン=サウンドマンについては好意的に解釈し、納得している。

 寧ろ自分としては、ブラックモアの穴開き、部位分離能力を説明して貰いたいのだが。

 どう考えても、あの現象はキャッチ・ザ・レインボゥだけで説明出来ない。大統領の能力だろうか。もしそうだったら、結構な伏線だと思うが、さて荒木先生の事だから、どうなる事やら。

 所で、話は全く変わるが、シグルイアニメ化と申したか。いや無理だろ第一話からして。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/294-30d73451
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。