上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 で、見てみると嗚呼痛い。実に痛い。ここにまず間違いなく載る名前だ。

 まぁかく言う自分も、結構変わった名前をしているのだがな。

 それはもう今のHN『理』に、感覚としても語感としてもかなり近い名前である。

 加えて日本中でも多分自分位だろうと思う(と思ったら、某ライダーが同じ名前だったり、ググったら同姓同名がいたりするのでなかなか侮れない)程度の珍しさだ。初めて聞く人は皆『面白い名前』『変わった名前』『哲学的な名前』と言う。昔はそれでからかわれたりもしたが、名前に込められた意味合いもあって今では誇らしい程に気に入っている。気に入るとか気に入らないとか、そう言う問題では無いがな。

 その名前に際して、親父から興味深い話を聞いた。

 良く命名する理由として、子供にかくかくの如く育って欲しいと言うがそれは誤りだと言う。

 あれは正しくは、子供をかくかくの如く育てる、育てたいと言う親の願望の表れなのだそうだ。

 子供は親無しでは生きてゆけない。実の親で無くとも、育ての親がいなければ直ぐに死んでしまう。おぎゃぁと産声を上げて、そのまま勝手に、放っておいても大人になる訳では無い。

 だから子供がどう成長するかは育てる親に掛かっている。勿論、親の教育だけが子供に影響を与える訳では無いが、それでも一番影響を与えるのは親である。故に、子供をしっかりと育てるのは親の義務であり、責任であるのだ。それを放棄するのは親ではない。

 名前はその義務と責任を現すもの。一生付いて回るものだからこそ、世間に向けて自らの願いと誓いを示す。自分はこの様な風に子供を育てます、育てて見せますと名前で叫ぶのだ、と。

 成る程と思ったものである。自分の名前と、その言葉をして、だから自分はこの様な人間になったのだなとしみじみとした。名は体を現す、と言うが当然だな。そう言う風に育てるのだから。

 そこで改めて、話を戻すとするが。

 女子大生とやらは、一体どの様な願いを込めて、自分の子供にそんな名前を付けるのだろうか。

 或いは。

 本当に、自分の子供を、名前の様な人間に育てたいのか、育てられると思っているのか。

 乃至。

 育てたとして、育ったとして、その子供は自分を、親をどんな風に思うと考えているのか。

 一つ、聞いてみたい所である。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/296-3923eaf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。