上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ダブリン 27日 ロイター] アイルランドの起業家2人組が、「母国の土に骨を埋めたい」アイルランド系アメリカ人を相手に土を販売するビジネスをはじめた。

「オフィシャル・アイリッシュ・ダート」(www.officialirishdirt.com)のパット・バーク(27)とアラン・ジェンキンズ(65)は、「公式」アイルランドの土の第一便100万ドル(およそ1億1700万円)相当をニューヨークに運んだところだ。この土は0.75ポンドあたり15ドル(1762円)で販売される。彼らは、この先も次々と土が運ばれることになることを確信している。

「需要はただただ驚異的です」と、アイルランド・ティパラリー地区の農学者バークは言う。
「うまくいくとはわかっていましたが、これほどまでの熱烈な反響があるとは夢にも思いませんでした」

バークは土が米国の厳しい輸入規制を通るよう、土の処理法に関する特許を取得した。ふたりは「世界最大の小売業者のひとつ」と、米国のショッピング・チャンネルと話し合いをしているところだという。
「世界規模に広げることを検討中です」と、彼は言う。

いまから1世紀以上前、大勢のアイルランド人が飢饉、貧困、失業のためにやむを得ず祖国を捨てた。その大部分は北アメリカに住みつき、現在ではおよそ4000万人のアメリカ人が、自分のルーツはアイルランドにあると主張している。

全世界では、アイルランド移民の数は推定7000万人以上と言われている。

ジェンキンズがフロリダでアイルランド協会の会合に出席して、このビジネスを思いついたそうだ。
「彼はアイルランド人2世、3世、4世たちが、棺の上にひとにぎりのアイルランドの土を置きたがっているのを発見しました」

バークとジェンキンズは共に英国が統治する北アイルランドのアントリム州出身だ。今年に入ってからディナーパーティーでの偶然の会話がきっかけとなって共同事業を立ち上げ、先月南アイルランドに土処理工場を開設した。

土を合衆国に輸出するには、口蹄疫などの病気や虫などが完全に除去されていなければならない。

すでに、とあるニューヨークの高齢ビジネスマンからの注文が入っている。彼は西アイルランド出身で、10万ドル分の土を注文した。
「彼は永眠の地の候補地をふたつ考えていましたが、いま完全にアイルランドの土に埋まることに決めました……マンハッタンで」

「オフィシャル・アイリッシュ・ダート」は、収益の80パーセントをアイルランドおよび合衆国のチャリティに寄付することを約束している。


 昔ビッグコミックオリジナルだったかで、業田良家が、近未来に土からエネルギーを取り出す技術を開発した日本が自国の良質な土を海外に輸出し大好景気になるが、その所為で関東平野は沈没。しかし誰もが目の前の享楽に耽り、かつて己の正義に則り賄賂政治家を斬って捕まった主人公も脳手術を受け、一瞬気に留めるも直ぐに忘れて大衆の中に紛れてゆく、と言う漫画を読んだ覚えがあるが、それとは違ってハートフルな話だ。

 いやしかし、これは盲点だった。確かに、土と言うのはなかなか不思議なもので、成分的には変わらない、自らの周りにあるものと変わらないだろうただの土であっても、それを「○○の土」とすると、途端に希少価値が現れる。例を出すと甲子園の土とかだ。

 そう言った考えだろう、「自国の土に帰りたい、眠りたい」と言う思いは何処の国でも共通の様で、成る程、そこに目をつけたのは見事であったと思う。掲載先のウェブサイトはまだ工事中で近況は解らないが、精々頑張って貰いたい。頑張り過ぎてアイルランド沈没とはならない程度に。

 後この事業、もっと手広く他の国の土もやれるのではなかろうか。特に日本では大いに輸入されると思われる。誰が買うのかと?決まっているだろう、吸血鬼だ。あいつら自分の故郷の土の棺桶で眠る事で力を回復出来るそうなので、打ってつけである。何故日本かと言えば、そりゃあんたこの国は悪魔だろうが何だろうが宗教的悪をすんなり受け入れる国だからだ。日本に住む吸血鬼等枚挙に暇が無い以上、大儲け出来る筈だから、アイルランドの人は考えて見て欲しい。

 何、それは葬送じゃない?既に死んでいる連中からすれば似た様なものである。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/30-97fbfdd9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。