上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ブカレスト 26日 ロイター] ルーマニアの国有鉄道の事務員が、自分が生きていることを証明するために給料1カ月分に相当する裁判費用の支払いを要求されている。

ルーマニアの国民登録機関にパスポートの申請をしたフィロフティー・ポペスクさんは、自分が2005年11月に死亡したとされており、したがって市民権も剥奪されているということを発見した。

55歳のポペスクさんは、「私は警察に行きました……そして、自分は2005年に死んでいるのでルーマニアにおける権利がないことがわかったのです」と、『Evenimentul Zilei 』紙に語っている。

欧州連合に加入したばかりのルーマニアは、官僚主義的なお役所仕事を簡略化し、複雑な法的手続きを改善しようと努力しているところだ。

「弁護士は裁判所命令を獲得するのに500レイ (およそ2万3300円) 、必要だと言いました。どうして自分が生きているのを証明するのに私がお金を払わなければならないのでしょう?」と彼女は言う。

当局はすでに間違いを認め、責任者を更迭している。

しかし、ポペスクさんの死亡証明書のコピーを国から受けとっていたかかりつけの医師は、彼女が目の前に現れたショックからまだ立ち直っていないようだ。

「彼女が私の診療所に来て、声を失いました」と、ニコラエ・トボイウさんは語っている。


 彼のドラクル公の国から、ゾンビな事件の話である。

 聞いた話によれば、ゾンビとは、何らかの薬を用いて仮死状態とし土葬。後、呼吸困難から来る脳生涯による記憶の錯乱を利用して奴隷に仕立て上げる一種の刑罰であるらしい。ある朝道を歩いていると向こうから死んだ筈の人間が歩いて来て事が発覚した、と言う事件を、特命リサーチでやっていた覚えがある。

 まぁこの事件はただ単に、適当なお役所仕事の所為であるがな。

 しかし実際は生きているのに、社会的には死んでいる人間と言うのは、それはそれで有用そうだな、と思うのだがこれは駄目人間の発想か。まぁ普通の生活を送る分にはハイリスクノーリターンであるが、ものは遣りようである。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/304-c9ae1702
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。