上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 銀雨ことシルバーレインのTOPが自分の知らぬ間に限定的に変わっていたらしいな。
 うーちゃんこと朱烏詩人団長のPL氏より、その部分を引用する。

 ~とある街角にて~

 なるほど、ここが日本という国か。
 近代文明の氾濫するこの国が、まさか世界最大のシルバーレイン降雨量を誇るとはね。
 『城』に閉じこもっていた僕達の日々が、まるで何もかも無駄だったかのようにすら感じるよ。
 何より、日本には美しい女性達が多い。
 この国と僕達の『運命の糸』が結ばれた事に、深く感謝しよう。

 さて、僕はこれから何をしようかな。
 そうだ、この国にも当然何らかの組織はあるのだろうから、人狼共がこの国に気付く前に、あらかじめひとつふたつでも潰しておくことにしよう。
 戦争時の拠点ぐらいには、なるだろうからね。


 画像の方も一応見たが、上げて良いか微妙なので、それはこちらを見て貰うとしよう。

 さて、まず絵の方だが、五条さんはワラキアの夜と言っているが、

 あれは幼ギル+アルクウェイドだと思う。

 ワラキアにしては、カットカット言いそうでは無いし、見た目がな。

 絵の少年の発言を見ると、彼は吸血鬼かそれに近しい存在である様だ。それでいて日光を浴びても平気な様なのは、実際にそうなのか、はたまた彼の様な存在だけが大丈夫なのか。

 また発言の中には人狼の単語もあった。吸血鬼と人狼と言えば東西で守備範囲は違うが似た様な存在であり、まぁ出て来るのは解るな。どうやら互いに敵対関係にあるのは、ヘルシングとか、ヴァンが付くヘルシングとか、アンダーワールド的で素敵である。

 そして最後の発言を見るに、彼奴等ヴァチカン並に横槍入れる気満々である。土蜘蛛との殲滅戦の最中に登場、そのまま次なる敵になりそうな感じであるな。

 個人的には後々二択で仲間となったら素敵だと思うのだがどうだろう。どちらかと休戦交渉して片方をぶっ潰す、と。或いは両方と同じ事してボス格と遣り合い、どっちもとか。魔王の盾ゲットー。

 ともあれ、なかなか展開が楽しみである。

 展開と言えば、先日のGTによってあきおんがレベル22となった。それに合わせて、チェーンソー剣『疾風怒濤』もアップグレード。気魂を犠牲に、術式と神秘攻撃力を上昇(若干術式が弱いが)させたバランス型となった。ステータスの方もバランス型であり、これにて『相手の弱い部位=命中率が高い場所に狙って攻撃、追撃を決める』と言うAI戦に即した戦い方が出来よう。次のプールのチームへは参加した。どんな結果を残せるか、期待するとしよう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/326-28ca7138
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。