上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 かつて宿題が出来ずに自殺した小学生が居たが、大学生にもなってまだいるとは思わなかった。
 とりあえずこの記事を見た限りでは、教授に非は無いな。

 教授はただただ事実を述べたまでである。宿題、と言うから奇妙に聞こえるから課題と言い直すが、課題を出さなければ留年する等当たり前の話である。出さなくても進級乃至卒業出来るのであればそれは課題では無い。

 またそれが小中学校(これは義務教育だから余り関係ないが)高等学校であるならば兎も角、大学は基本的に(実際入ってみると結構しがらみと言うか強制性は多いが)自由である。学ぶのも止めるのも学生の意思であり、教授もまた教える事が仕事だが、学ばせる様に推し進める義務は無く、当然通知する必要は無い。生徒の人間性も法に触れる様な事以外、また個人として判断は曖昧だが概ね問われないのは、自分が身を持って実感している。寝てようが漫画読んでようが授業進行の邪魔をしなければ良いのだ。だと言うのに、わざわざ通知したと言うのは、それだけこの教授はその学生を想っていたと言う事も出来よう。

 或いはこの教授、留年云々をネタに現代版良いでは無いか良いでは無いかでも敢行せんとしたのかもしれないが、そうであれば自殺した当人が書く筈であり、そうすると昨今では遺憾ながら良くある事件に成り下がる。周りが何も言ってこず(彼女以外に学生は二人いる)当人も言わないのであるから、これはあるまい。

 もしくは、留年するぞ留年するぞと常日頃からそれはもうねっちりみっちりどっきり語彙強く言いまくっていた事も考えられるが、その場合も上と同じで、もっと話題になるだろう。(逆に話題となっていないから裏で何かあったのでは、と思えるが、そうなるともう水掛け論。言ってもせん無き事だ。)

 かく言う訳で、これはもう何だが、女子大学生が勝手に自殺した、としか言えない。勝手じゃない自殺等あるのかと思うがまぁ兎も角、大学生にもなって宿題、課題如きに多大な責務を感じる様であるならば、社会に出たとて到底生きてゆける訳も無く、可哀想だが留年云々が無くとも早々にお亡くなりになっていた事だろう。

 まぁとばっちり気味に首を無くした教授には、今の所こう言っておこう。残念だったねぇ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/329-08242f13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。