上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.15 私の小さな繭
 先日、所謂衝動買い的にipodを買って来た。
 正確にはnanoで、容量は2Gの色は白。価格は17300円程。名前は『MIGNON』だ。

 まだバイトの給料日まで日数があり、教科書等を買わなければならない為財布の中はかなり寂しい事になっているのだが、致し方無い。金があってもEmerald Swordは聞けない。金等所詮解り易い価値の形に過ぎない。価値が壊れれば、ただの紙と金属なのだ。まぁ、無かったら無かったで聞けない事には変わりないがな。

 さて、かような訳で実際手に取って見たのだが、2Gと言うのは大きい様で小さい。今まで使っていたK(独逸語風に『カー』と呼んでもらいたい)の国製のmp3プレイヤーは二万そこらで256MBと言う今考えるとぼったくりも良い所であり、それからする一万七千で2Gは破格なのであるが、自分が持つ音楽ファイルの数は約1500で6G程ある。三分の一しか入らない訳で、少々中途半端である。まぁ聞かない曲は随時消してゆけばいいのだがな。

 更にこのipodにはもう一つネックがある。それは、クルクルである。クルクルとは何ぞやと言う諸氏に解る様に言えば、カーソル移動が円形状に配置されているボタンをクルクルと回す事で出来る仕様の事だ。

 これがまた、実にやり難い。自分が慣れていないと言う事もあるだろうが、それにしてもやり難い。上手く移動出来ず行き過ぎるか一歩手前になってしまう。移動専用では無く再生等も兼ねたボタンである為に、誤って停止させたりしてしまう事も間々ある。ジャケットのポケットに入れている為に移動中誤って押してしまう事もあり、ホールドは必須である。

 と言う訳で、実際やると不満タラタラだが、すっきりしたデザインなんかは気に入っているので、良しとしよう。実はこれを買った所為で教科書が二つ程変えなかったのは、気の所為だ。何も、問題は、無い。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/334-a41816ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。