上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ロンドン 12日 ロイター] 安全運転したい? ならガンズ・アンド・ローゼズやミート・ローフ、ブルース・スプリングスティーンは運転中に聴かない方がいいですよ。

運転がアグレッシブになってしまう曲ベスト10が発表されたが、その中に彼らの曲が含まれているからだ。

エレクトロニッック・アーツ社とAOLがレースゲーム「バーンアウト・ドミネイター」の開発に着手するにあたり、ネット上でアンケートが行われ、これまで約1700名が回答している。

運転中に聴くと燃えてくる曲を募集したところ、30年以上前の曲から現在のものまで幅広い回答を得られたという。

クラシックロックではミート・ローフの「Bat Out Of Hell」、スプリングスティーンの「Born to Run」、モーターヘッドの「Ace of Spades」、そしてガンズ・アンド・ローゼズの「Paradise City」など。

最近の曲ではザ・キラーズの「When we were Young」、フィーダーの「Buck Rogers」、プロディジーの「You Will Be Under My Wheels」などが挙げられた。


 英吉利のとある調査によると、運転中に聞いていて最も危険なのは、『ワルキューレの騎行』であるそうだな。まぁ、あの様な曲をガンガン聞きながら運転すれば気分はハッピー、現実はアンハッピー、気付けばそこはヴァルハラかヘルかと言う状況にも成り得よう。実はまだ『地獄の黙示録』は観てないので、そのシーンに例える事が出来ないのが残念だ。

 所で、エキサイトの記事であるが、何故クラシックロックが槍玉に上がっているのだろうか。他のジャンルの曲だって幅広く上がっているとあるし、ベスト10に何曲も上がったからと言って、クラシックロック自体が燃える曲=危険とするのは早計では無いか。寧ろ一位となった曲それ自体こそが危ないとそう思うのだが、これはクラシックロックなるジャンルを意図して聞いた事が無い故だからか。

 まぁ今だ運転免許証を取っておらず、取る取る取りたいと言いながらも一向に取る気が起こらぬ自分には関係無い話であるな。で、あるからして、精々安全にMyiPod『MIGNON』で我が愛しのAvalonの『Log in』(残念ながらようとぅべことYou tubeでは『Log off』しかなかった)でもヘッドフォンにて聴きながら自転車立ち漕ぎと行こうではないか。アーヴァーローン!!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/335-e7a7a778
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。