上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先程、ヒトラー ~最期の12日間~を見終わった。
 かつて見たヒットラーが少年時代、青年時代から(この辺りは半ばダイジェストであったが)総統に至り、さぁこれからだと言う所で終わったのに対して、この作品は在りし日の第三帝国最後を描いたものである。

 邦題はヒトラーとあるが、彼の出番もとい存在は余り大きく取り上げられてはいない。本作で描かれているのは、上で書いた通りの最後、滅びである。だから、邦題は「伯林~最後の十二日間~」とでもするべきであったと思う。原題も『Der Untergang』(滅亡)であるしな。

 その内容であるが、正しく原題通り、独逸の滅びが情け容赦なく描かれている。派手な戦闘と言った盛り上がりも無く、敵対する連合国及びソ連の姿等殆ど描かれず、ただただ独逸滅亡の過程とその内情を描ききったドキュメントとして、なかなか興味深かった。これを独逸が作ったと言うのだから、時代も変わったものである。

 実はこの映画を見るのに一つ懸念した事があった、総統閣下を演じるブルーノ・ガンツ。独逸の名優である彼だが、どうも総統と言うイメージでは無かった。実際見てみると、確かに見た目と若干そぐわない印象を受けるも、その演技力によってしっかりと総統に見えた。杞憂であった様である。寧ろ、我等がゲッベ(×ペ)ルス大臣の方が似てない気がした。

 かく言う訳で、若干映画的面白味には欠けるものの、面白く見させて貰った、と真面目な結論と言う前置きを述べつつ、二つの本題に入りたいと思う。

 一つは総統より怖いと言うゲッベルス夫人だ。彼女は最期、子供達に睡眠薬を飲ませた後毒薬を噛まして自分も死ぬと言う事をするが、それが偉い怖いらしい。で、実際に見てみると、

 めっさ怖い。

 少し田中真紀子に似たおばちゃんが、無理矢理子供達に睡眠薬を飲ませ、毒薬が入ったカプセルを淡々と噛ませて行く。涙も見せず、声も聞かず、淡々と、ただ淡々と、である。総統が持ち前の意地と帝国末期の重圧から癇癪を起こす姿は哀れな大将と思えるが、この女性はそれすら思えない。背筋が凍り付く恐ろしさだ。ゲッベルスは良く浮気したらしいがさにあらずである。

 もう一つは、途中で現れるヒトラー・ユーゲントの金髪おさげ美少女である。そのおさげとツンツン具合から、各所で評判の様であるが、正直に白状すると自分は余り来なかった。

 寧ろ、隣の少年兵に来た。

 そろそろ自分は終わったかもしれぬ。吹き替え声優の所為だと思いたい。

⊃【私は退廃主義者です】⊂
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/37-7e069c90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。