上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ロンドン 21日 ロイター] GPではほとんどミスを犯さない英国のF1ドライバーのルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス=22)が、チャリティーイベントのオークションに出品された、ゴーカートに乗り、衝突事故を起こした。

ハミルトンは、ボーダフォンがロンドンの広場で主催したイベントにおいて、即製トラックでゴーカートを運転、フェンスにぶつかった。

ゴーカートは北アイルランドの匿名のコレクターによって4万2100ポンド(およそ1039万円)で落札された。

今シーズン、ハミルトンは7レースですべて表彰台に立ち、カナダGP、アメリカGPで連続優勝。獲得ポイントで、チームメイトとで2回の世界王者となっているフェルナンド・アロンソに10ポイントの差をつけてランキング1位となっている。


 実に親近感の持てる事件である。と言うよりも、持たざるを得ない。

 何故なら、かつて語った様に自分もゴーカートで偉い目にあったからである。

 一度やってみれば解るだろうが、世の中に数ある自動車関連の事故の中でも、これ程運転者の精神を抉り取るナイフもあるまい。ルイス・ハミルトン氏は全然知らないのだが彼もきっと、事故した瞬間は顔から火が出る思いだったのでは無いか。

 そう思うと、先にも言った通り親近感が沸く訳で、いやぁ肩でも叩きながらドンマイドンマイとやりたいものである。

 慇懃無礼に。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/379-da48f7d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。