上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[フランクフルト 2日 ロイター] ドイツ連邦銀行が木曜日に発表したところによると、国内に流通している紙幣の一部が「謎の酸攻撃」により、すぐに破れてしまう被害が発生したという。

現在、被害が確認されているのは5~100ユーロ紙幣、合計約1500枚。これらは現金自動預け払い機から引き出された際に破れてしまった紙幣だという。

連邦銀行の広報担当者は、「今までこのようなことはありませんでした」とコメントしている。

最初の被害はベルリンで今年6月に報告された。調査してみたところ、紙幣からは産業清浄剤に使用される強い酸性物質が検出され、印刷過程におけるミスが原因でないことが明らかになったという。

「現在のところ、何者かによる意図的な犯行の可能性もありますが、はっきりした原因については分かりません」と広報担当者は語る。

警察も捜査しているが、この紙幣による人体への影響はないとされている。

欧州中央銀行のジャンクロード・トリシェ総裁はこの問題について、「何者かが盗み出した紙幣ではないか。犯人達が酸性物質を使用して証拠隠滅を図った可能性がある」と定例記者会見で意見を述べた。

さらに総裁は、他の国では同様の被害報告は無く、今回発見された「すぐ破れてしまう紙幣」はドイツ国内で流通している50億の紙幣のほんの一部にすぎないとコメントしている。

ドイツの大衆紙『Bild-Zeitung(ビルド・ツァイトゥング)』は一方、このような紙幣は国内17ヶ所で発見されていると報道。またその原因について専門家が「紙幣に付着した塩分が、人間の汗により酸性物質に変化したのでは」と話していることを報じている。


 いまいち良く解らない事件だ。と言うか、当局の連中も理解していない。そこで少し、何が理由なのかを考えて見ようと思う。何、素人だからこそ玄人では思いも付かない突飛な発想が出るものだ。

1.総裁発言が正しい
 欧州中央銀行総裁ジャンクロード・ヴァンダムでは無い・トリシェ氏の証拠隠滅発言がいまいち良く解らないので意訳すると、「盗んだものを破れ易い様に加工して使用する事で、流通する間で上手く破棄(やぶ)させようとした」と言う事でいいだろうか。

 成る程、それならば使用した後で勝手に破れてしまうので脚も付かない、正に一石二鳥だ。

 が、しかし、事件が独逸国内でのみ起きている以上、この場合の犯人は独逸人である可能性が濃厚であるが、彼等がこの様なのらくらな犯行を行うとは考え難い。

 同時に、幾ら破れると言っても、完全に、完璧に、復元不可能、判別不可能な程破れる訳ではあるまい。機械を通してならば、ばれる可能性も上がり証拠隠滅にしては甘さを感じるので、この線はかなり薄いだろう。

 とは言え、予想の斜め上を行くのが独逸だ。案外侮れない。

2.『Bild-Zeitung(ビルド・ツァイトゥング)』が正しい
 1が薄いとなると、ではこちらはどうだろう。

 紙幣に付着した塩分と、手に付着した汗が化学反応を起こして破れ易くした、と言う自然発生的話は、1の人為的犯行が希薄な意味では、まだ納得の行く解説である。

 が、しかし、そうなると前述の「産業清浄剤に使用される強い酸性物質」が検出されたと言う話が眉唾になってしまう訳であり、同時に大衆紙と銘打ったこの雑誌、調べて見るとゴシップ雑誌の様で、どうにも信憑性は薄い。

 まぁ、そもそも、汗と反応する塩分はどうやってついたのだ、とか反応する程の汗って一体どれ程のものなんだ、と色々と突っ込みたい所は山程あるのだがな。

3.欧州中央銀行の陰謀
 製作所で誤って掃除用の洗剤をばしゃーんとやっちゃったと言うのはどうだろう。案外、こう言うくっだらない理由だからこそ発表出来ない可能性も考えられる。何せ独逸だからな。

4.現金自動預け払い機に潜んだ名状し難き者どもの犯行
 21世紀コズミックホラー

 個人的には4だと思うのだが、これ如何に。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/38-56403ea9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。