上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ローマ 24日 ロイター] 日曜朝、22歳のアメリカ人男性が、ローマの有名なスペイン階段のふもとにあるバルカッチャ噴水で全裸で水浴びをし、逮捕された。

AGI通信によれば、この男性は、観光客たちの目の前で服を脱ぎ、17世紀バロック噴水に入っていったが、警察に連行された。
彼はわいせつ罪の疑いで起訴されるという。

スペイン階段とバルカッチャ噴水はローマで最も人気の高い観光名所のひとつである。
酔っぱらった男性が噴水へと続く階段を車降りて逮捕される飲酒運転事件がおこってから、2週間も経っていない。


 前にも似た様な話を聞いた事があるな。その時は中年ながら女性だったが、今度は完全に男性である。眼福であろう筈も無く、微妙どころか率先して眼の毒であり、断固としてお帰り願いたい所である。まぁ阿部氏を代表されるそちら方面の方々には受けは良いかもしれないがな。

 また彼がビョルン・アンドレセンの如き人物だったなら、自分も発言を変えねばならないだろう。ああ、そこのお人よ。ググるなら覚悟しろ。そして、解った後で自分の人格を否定しないでくれたまえ。自分は世間一般のオタがに萌える様な、そう言うレベルで言っているのだから。

 しかし、羅馬の噴水には人を脱がす底知れぬパワーがあるのだろうか。かの永遠の都には涙の母なる超自然的存在がいるそうなので、その力かもしれないな。多分、いや全く関係無いが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/381-9f00df9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。