上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[コルカタ 3日 ロイター] 生後三カ月の赤ちゃんが強盗罪に問われ、逮捕するために警察がやって来たため、数百人の住民らがこれに抗議するという騒動がインド東部の町で発生した。

先週、バス車内での強盗事件が発生したが、この赤ちゃんの名前がなぜか容疑者リストに載っていたのが今回の騒動の原因。ビハール州ムザッファルプルの警察によると、逮捕しようとした人物が三カ月の赤ちゃんと判明したため、リストから名前を削除したという。

同警察のスニット・クマール警察官は「なぜこのようなことになってしまったのか、今後調査するつもりです」とロイターに語った。

警察官らが容疑者リストに載っている人物を逮捕しようと町へ来たとき、その一人に赤ちゃんが含まれていることを知って町民たちは激怒したという。

赤ちゃんの母親は「私のかわいい赤ちゃんが、どうして強盗事件の容疑者になるの!」と怒りをあらわにしている。

クマール警察官は、「強盗事件の被害者が、悪意を持って赤ちゃんの名前を証言した可能性がある」と話している。


 赤ん坊に強盗容疑とは、いやはや変な話である。

 怒りを露にして「私のかわいい赤ちゃんが、どうして強盗事件の容疑者になるの!」と叫んだ母親の言葉は尤もだ。誰だってそうする、自分だってそうする。

 だが、自分は知っている。

 生まれた時から牙を生やして産婆に取り出”させ”、実の母親に搾乳を要求した赤ん坊を。

 恐ろしい程頭が切れる上に、ラリホラリホー五月蝿い死神のスタンドを操る赤ん坊を。


 もしかしたら生後三ヶ月の赤ん坊が強盗を起こす可能性もあるでは無いか。コンマ以下の可能性で。

 まぁしかし住人数百人が怒った事も含めてなかなか印度らしい事件であり、母親及び赤ん坊にはたまったものでは無いだろうが、少しほんわかとした事件でもあった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/39-efb41c8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。