上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ベルリン 5日 ロイター] 車を運転していたドイツ人女性が、空からヒラヒラと降ってくるユーロ紙幣を目撃、急いで車を止め、“かなりの量”を拾い集めてから警察に届け出たという。ボルムス市関係者が木曜日に発表した。

地元警察によると、この女性(24)は水曜日遅くに車を運転していたところ、バックミラーに空から舞い落ちてくるユーロ紙幣を目撃した。全ての紙幣を拾い集めようとしたが、無理だったという。

警察が彼女と一緒に現場へやって来たところ、お金は全く残っていなかった。

ボルムス市の広報担当者によると、警察は紙幣の出所を突き止めたいと話しているものの、総額いくらの紙幣が降ってきたのか、また、現場はどこだったのかについては明らかにしていないという。


 凄いや、ラピュタは本当にあったんだっ!!!!

 等と、突発的に言ってみたが、そんな訳が無い。

 しかしまぁ謎な事件である。事件であるかどうかも疑わしい。

 例えばこれが魚や蛙の様な生き物であれば、竜巻で放り上げられたのかと思うが、お金だけと言うのが解せない。そもそも独逸でそんな竜巻が発生するのか微妙な所だしな。

 或いはルパン一味が飛行機に乗って逃走していた所で、盗んだ金が偽札だと言う事に気付き、窓から投げ捨てたのかもしれない。一体何年前だよとか、ゴート札じゃないじゃんとか言う話だな。それに、どうやら偽札ではなさそうなので、この線もあるまい。

 考えれば考える程良く解らない。一体どう言う事なのか、と。まぁ余りに情報が少な過ぎるので、幾らでも考えられる、と言うのが正解だがな。きっと答えはもっと単純なものだろうな。つまりは、考えない方がマシ。とは言え、考えたくなるのだがな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/408-400cc2e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。