上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ベルリン 8日 ロイター] ドイツの町で、閉ざされたアパートの一室から外にイヤな臭いが漏れているとの苦情が隣人たちから寄せられ、警察が踏み込み捜査を行うことになった。

アパートの窓は1週間以上にわたって閉じられており、郵便受けは手紙でいっぱいだった。

しかし、警察が発見したのは死体ではなく、悪臭を放つ洗濯物の山と、その横で寝ている臭いをした住人だったそうだ。ドイツ南西部カイゼルスラウテルンの警察が8日、発表した。


 一体どれ程の時間と経緯を辿ったら、密閉空間から異臭が漏れ出す程の匂いになると言うのだろうか。はっきり言って想像したくない、寧ろ出来ない。踏み込んだ警察及び近隣住民の方々の心情、深くお察しする次第である。

 ただ果たして常人が腐敗臭を発せられるか、と言うと微妙な所であり、この住人、何か病気だったと言う事は無かろうか。確か、体臭が魚の腐敗臭になると言う病気が存在したから、そう言ったものの類では無いかと思うのだがどうだろう。

 まぁ、一週間引きこもりとか洗ってないだろう洗濯物の山とか、周囲無視して眠っている男とか言う要素を考えると、どう見てもオタクです本当にありがとうございましたである。この辺りは流石仏蘭西と一、二を争う欧州のオタク大国だけあるのだろう、か。

 自分もそう言った存在であるが反面教師的に引いた理である。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/414-b503b028
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。