上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 MTGにて基本セット第十版が出たので、それについての所見を書こうと思う。
 レジェンドの収録(今は伝説のクリーチャーか。)はストーリー好きとしては嬉しい所。特に、ピット・ファイター、カマール/Kamahl, Pit Fighterハゲマッチョでも格好良い主人公がやれると言う事を身を持って証明してくれたイカすクリーチャー(日本も見習うべきだ)であり、赤を使わない身ではあるがなかなか嬉しい。まぁ何故格好良いかって言えば、このスカージ販促Flashの所為なのだがな。長名乗りの部分は素晴らしい。

 青(+緑)使いとして、カウンターよりもバウンス好きな人間としては優秀なバウンスが揃っているのが良いな。帰って来た送還/Unsummon、今だ健在の我が相棒ブーメラン/Boomerang、バウンスの王様脱出/Evacuationに限定大量バウンス+コンボ要因ハーキルの召還術/Hurkyl's Recallと目白押しだ。

 その中でも特に気になったのは強化ブーメラン内臓クリーチャーセファリッドの警官/Cephalid Constableとバウンスでは無いがバウンスと相性の良い夢生まれの詩神/Dreamborn Museである。

 前者はコンボパーツであった無謀なる突進/Reckless Charge及び同様のカードが無いが、同セットには囁き絹の外套/Whispersilk Cloakが入っている。これと組み合わせてクロック的にバウンスするデッキを組もうかと思っている。青緑にすれば、ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coastからラノワールのエルフ/Llanowar Elves経由で二ターン目に召喚。三ターン目に攻撃、送還と巨大化/Giant Growthでほぼロックと言う夢も見られそうだしな。まぁ直ぐに除去されるだろうが、その手の相手には先程の外套を当てる方向で行こう。

 夢生まれは、相手もそうだが自分もガリガリ削られるのが少々難点だが、ガイアの祝福/Gaea's Blessingがタイムシフトしているし、同じ青だと追憶/Reminisceが基本セットしているのでその辺りは大丈夫か(逆に言えば相手も持ち合わせていると言う事だがな)長年ドローで頼りにしてきた吠えたける鉱山/Howling Mineを貼り、凍りつく霊気/Frozen AEtherから大量のバウンスで足止め兼ライブラリー削りに励み、止めに逆説のもや/Paradox Hazeを相手に付ける、と言う感じのデッキなんかどうだろう。最後のはちょっとやりすぎな気がするが。こちらも詩神が死に易い上に少し重いので、マナ加速と外套が欲しいかもしれない。

 どうせなら夢生まれとセファリッドを一緒に入れるか等と言う素敵な妄想を展開しつつ、しかし金が一桁しか無いので集めるに集められないのがきつい所(毎度毎度同じ事言ってる気がするな)である。警官は偉い人から貰う伝はあるが。まぁ安いだろうがな、どれも。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/426-6422273e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。