上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『ドキが胸胸してる』って想像すると結構怖いね。(幻視的挨拶)

 Guten Abend,色々と精神的に抉られる昨今を送る理である。もう止めて俺のライフはとっくに以下略。

 これではいかんと映画を観た。『ピッチ・ブラック』ギャオで、である。何、店員割引が聞くバイト先では無いのかと?財布の中身がアルミニウムオンリーでは割り引いてもどうしようもあるまい。

 元さよならおじさんでPROMISE?何それ食べれるの?
 内容は、突如事故で三つの太陽が照り付ける惑星に不時着した宇宙船の女パイロットに護送中だった脱獄殺人犯リディックを始めとする乗組員が、二十二年に一度起きる日食の最中活動を始める怪物から逃れつつ内輪でもめたりなんだりしながら惑星を脱出しようとする、それだけ言えばSFモンスターパニック映画である。

 勿論、そのチープな分類訳から解る様にもろにB級である。ただTDLのSF系アトラクション(名称は忘れたがモニタに合わせて座席が動く奴だ)に登場しそうな薄汚れた宇宙船や建造物、ぱっと見で解るが故にそれっぽく見えるCG等、なかなかどうして味のあるB級作品だ。

 さて、最初に「それだけ言えば」と自分は言ったが、この映画、パニック映画と呼ぶには異常なキャラクターが存在する。リディックである。実質的主人公である彼は筋肉隆々の体躯に暗闇を見通す事が出来る細工を施したつぶらな目を持つヒールガイであるのだが、こいつが偉い強い。内容的にはエイリアン(の特に2か)に近いものがあるが、こいつの戦闘能力はリプリーの非では無い。何せ、光以外ではまともに太刀打ち出来ない怪物(イリスに近い頭部を持ったギャオス変異体或いは色々強化しちゃった有翼スリヴァーみたいな奴)を相手に互角の立ち回りを見せ、ナイフ一本で倒すのだから。流石にタイマンでは無く、ある程度知略を駆使してではあるが、それにしても他の奴等があっと言う間に食い殺される怪物とあそこまで戦えるのは凄い。

 パニック映画だけに、限界の環境における人間性の暴露(それと対になる様に得物が取れないと共食いを始める怪物達)がテーマとなり、少々薄いがそれなりに見る事は出来たが、この映画の肝はそこでは無く、暴れん坊将軍リディックの活躍と言って間違いない。特に後半はそのものだ。動くモノしか捕らえる事が出来ない怪物相手に、等速で左右に動くリディック笑ってしまう程素敵である。

 そう言う訳でなかなか面白かった。精神的にキてる時にはが一番だ。そういえばこのリディック、続編としてタイトルがそのままの映画が出来ていたな。そちらは何か余り評判良く無く、予告等を見る限りはB級なのに頑張ってA級風にしちゃったから失敗した感がするのだがどうなんだろうな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/428-420ba7b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。