上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[香港 25日 ロイター] 香港で、インドネシア人のメイド(29)が、雇い主に尿の入った水を飲ませようとしたとして、禁固6日の実刑判決を受けた。南華早報が25日、報じた。

被告は「障害目的で毒物もしくは危険物質を投与した」容疑で有罪を認めたが、「尿はスキンケアに使ったもので、雇い主に出したのは過失だった」と主張した。

雇い主は、頼んだグラスの水に尿のにおいがすることに気がつき、メイドに飲むよう命じた。メイドはその水を飲んだという。しかし雇い主は、その水を研究室で検査させた。

被告の弁護人は、雇い主は尿を飲んでいないし、尿自体に毒性はないと主張した。

裁判を担当した判事は、カップの水を飲んで被告が健康を害したという証拠はないことを認めたが、「社会にメッセージを送るため」禁固6日を言い渡した。


 凄まじいネタ臭がぷんぷんする事件だ。

 所謂ジョジョラーの間で強烈に使われるネタとして『アバ茶』と言うのがあるが、まさか実際にやる奴がいるとは思わなかった。立場が逆であったならば、確実に危うかったな、この主人。

 しかし何だな。『メイド』で『飲尿』とは、また偉くマニアックなプレイであり、その需要は高そうではあるのだが、この記事を見る限りだと、全くそんな事は無い気がする。

 香港で、インドネシアで、尚且つ二十九歳と言うのが痛かったか。

 それから『スキンケア』と言うのは明らかに言い訳だろうと思うが、既にばれているだろうに尿を飲んだ事から考えると、実際本当にそうかもしれない。実に判断に困る。

 まぁ自業自得と言うか何と言うか、飲まされるようとする方も飲まされようとする方と言うか(研究室で調べるとか、どんな発想の持ち主だ)、流石に尿はばれるよと思った次第。せめてとか無味無臭且つ透明に近いものでやるべきだったな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/434-9acaca41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。