上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日最後のレポートを提出し終え、名実共に夏休みとなった訳だが皆様如何お過ごしだろうか。理である。

 まぁ、夏休みになろうがなるまいが、結局やる事は大差ないと言うのは何時もの事だがな。

 そう言う訳で、今回はMTGの話題でもする。
 前に記事を書いた時偉い人が「じゃぁ余ったカードやるー」と言われたのでありがたく承った。そのカードが先日届いた。販売用の長箱:四つ分に相当する枚数であり、その正確な数は正直把握出来ない。中には優良コモンが多数あり、一部レア、アンコモンまで入っていた。

 正に神である。まずはここにてそのご好意を感謝しよう。

 で、逆説のもや/Paradox Haze+現実のストロボ/Reality Strobeデッキを色々と強化した。

 特に大きいのはついえし希望/Sunken Hopeを入れた事か。もやを相手に貼ってクリーチャーを戻しまくったり、自分に貼って神秘の蛇/Mystic Snake裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskateを幾度もループさせる様な構成に。

 そこから187クリーチャーとして見た者を文字通り嫌な気持ちにさせる巫女こととぐろ巻きの巫女/Coiling Oracle、クリーチャーを何体も出す事から本質の管理人/Essence Wardenを入れ、彼女と更にもやと相性のいいサリッドの殻住まい/Thallid Shell-Dwellerなんかを入れてみた。また小技としては色々使える進化の魔除け/Evolution Charmも加えている。

 少しだけ動かしてみた感じだと、クリーチャー中心である為除去に弱く、ついでにそれ程早い訳でも無いのでウィニーにも対応しきれない場合があると言う、微妙なデッキである。まぁそれでも色々とカードを加えた為比較的良く回る様になり、相手の場を全て空にしたり、クリーチャーを戻し続けて管理人で延々ライフを得ると言う青緑にあるまじき行為をして見たりと、実に楽しいデッキではある。

 正直な所、青緑のクリーチャー重視のコントロールであれば、セルの方がデッキ的には強いのだろうが、やはり漢ならば地雷で行くべきだ。そう言う訳で、他にも幾つかデッキ(青赤で脱出/Evacuationイゼットの時術師/Izzet Chronarchで回すデッキと青黒でセファリッドの警官/Cephalid Constable+囁き絹の外套/Whispersilk Cloak)を組んでいるのでそちらを調整しつつ、この青緑デッキを昇華させていきたい次第。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/436-e6ae9d4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。