上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ドバイ 6日 ロイター] 名前が指名手配のリストに入っていたという理由で、2歳の男児が、アラブ首長国連邦からトルコへ行く飛行機への搭乗を一時断られた。

『エミレーツ・トゥデイ』紙によれば、この男児の生年月日を含むパスポート情報は、逮捕状の情報と一致していたそうだ。なぜこのような混乱が起こったのか、理由は不明。

同紙は少年の父親、アブダラ・モハメド・サレハさんの談話を紹介している。
「搭乗手続をしていると、職員のひとりが、スハイルを連行したいと言いました。彼が私をからかっているのだと思って、"連れて行けば" と言いました。彼はプリントアウトした書類を見せました。スハイルは指名手配中で彼の逮捕状が出ているというのです」

職員たちはこの件の捜査を行うと言っているそうだ。


 少し前にまた印度で似た様な事件があった。

 それは未満児であったが、今回は二歳だそうで、何やらレベルアップしているのが非常に嫌な感じである。

 しかしながら前回も言った様に赤ん坊だろうと、透明になったり、近づくものを小さくしたり、超能力持ってたりする場合があるので、なかなか侮れない。

 理由不明の、名前だけでなく生年月日まで合っているとなると、時間流にでも流された赤ん坊の成長した姿が指名手配犯であるかもしれぬ。今後どの様に成長するかが楽しみだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/45-caede010
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。