上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[アムステルダム 7日 ロイター] オランダのリゾート地ザントフォルトの沖合いで7日、組み立てブロックの玩具『レゴ』でできた大きな人形が釣り上げられた。

頭は黄色、上半身は青、身長250センチのレゴ人形を救出したのはドリンク売店の従業員たち。

従業員の1人は「海に何か動いているが見えたので、引き上げることにしたんです。上がってきたのは等身大のレゴの人形でした」と語った。

近所の女性は次のように付け加えた。「イギリスのほうからレゴ人形がぷかぷか浮きながらビーチに向かってやってきました」

このレゴ人形、今はドリンク売店の前に設置されている。


 レゴと言うと子供の情操教育に専ら使われる玩具であるが、その道は奥深い。凄い人だと、僅か数センチ四方のブロックを素人目には気の遠くなる様な数と時間で組み立てて行き、ドラえもんやら宇宙戦艦ヤマト等の素晴らしい作品を作り上げてしまう。大人と子供の違いは玩具に掛ける規模と金額とは良く言ったものだ。それで食べているプロも居る様だしな。

 今回引き上げられたのは、そんなレゴの人形である。写真が出ていたが、凄まじいな。250cmは伊達では無いな。最初に見つけたドリンク売店の者は一体これを見てどう思った事だろう。

 まぁしかし一体誰がどの様な理由で流したのだろう。事故と言う事もあるだろうが、この不敵な笑みを見る限りだとちょっと考え難い。諧謔が解りそうなレゴ製作者が自発的に流してニヤニヤしているのでは無いかと思っているがさてどうだろうか。

 ともあれなかなか素敵であり、ちょっと欲しいと思った理である。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/450-69452dc8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。