上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.09 戦争の快楽
[エルサレム 7日 ロイター] イスラエルで、5年間、陸軍兵士を装っていた女(24)が逮捕された。なんと、昨年夏のイスラエル・レバノン紛争に従軍したというから驚きだ。犯行の動機は「気持ちよくなるから」。

警察によると、女は軍の制服を着用、市販されているレプリカのM-16アサルトライフルを携行して、全国の陸軍基地を訪れていた。

昨年夏、急進的シーア派組織ヒズボラとのイスラエル・レバノン紛争では、レバノンとの国境近くに配置された砲兵中隊に紛れ込み、任務の補助をしていたという。

警察広報は「女性には精神鑑定が行われ、捜査は継続中です。こんなケースは初めてです」とコメント。

報道によると、女は取り調べに対し「気持ちよくなるから」軍人を装っていた、と供述している。


 気持ちよくなるから。戦争と合わせて考えるとこれ程危うい言葉もあるまい。

 ただそう言った感情は解らないが、動機自体は理解出来る。

 人間は悲しいかな、太古の昔は狩りをして生きていたが故に闘争本能、ぶっちゃけて言えば闘(や)りてぇ欲を少なからず持っている。平時に置いて、その本能を満たす為の代価行為(例えば、古代羅馬のコロシアムや闘犬、各種ゲームの類)が流行するのはその所為だ。

 また本能的に戦場に向いた人間と言うのもいるらしい。その様な達は殺しの才能があると言う。これは別に殺人に快楽を得ると言う訳では無く、ただ戦場に置いてもまるで家で過ごしているかの如き精神状態を保てるそうだ。

 この女性は恐らく何処ぞの少佐の如きマッチョであり(銃と美少女の組み合わせ等フィクション以外で在ってたまるか)FMJの逃げる奴は~の兵士が如く撃ちまくって濡れていたのでは無かろうか。或いは後者の理由で、家の方が落ち着けなかったから、とか。

 ただ、携行していた銃がレプリカなので、乱射はしてないかもしれないがな。もっと戦争行為自体に、つまり舞い散る肉片、飛び交う弾丸、熾烈な環境、上司の絶対命令に感じているSにしてMな変態さんであったのかもしれない。

 どちらにせよ、五年間も居たのであれば、そのまま軍人になってしまえば良いだろうに。まさか、ばれるかばれないかのスリルを味わう為にあえて一般人として装っていたのだろうか。その場合はちょっと本格的に理解しかねる所だな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/451-beac7904
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。