上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ハリウッド的スタイリッシュに満ちたオーシャンズのパート2である。

 実は見てからちょっと時間が経っている為、色々と忘れてると思われ、その辺りはどうか勘弁願いたい。
 さて、このオーシャンズ12だが、基本的に前作と変わらないハリウッド的スタイリッシュ満載の作品だ。

 違う所はと言うと、パート1がカジノ強奪大作戦であったのに対し、今回は借金返済大作戦である所と、如何にも仏蘭西でルパンと言う感じだが多分イメージ的には実写化ルイージなライバル・ナイトフォックス(ヴァンサン・カッセル)とブラピことラスティ・ライアンの元彼女で刑事と言う内海さんとお武さんの関係を思わせるイザベラ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の登場であり、単純な前作と比べて比較的複雑な内容となっている。

 とは言え、やっている事はハリウッド的スタイリッシュ(三回目)であり、大筋自体はそれ程複雑と言う感じはしなかったな。ただ、細かいネタで色々とあった様だ。

 まぁ前も言ったが、派手なアクションやら何やらは特に無く、只管スタイリッシュな格好良さによって出来た作品であり、オーシャンズの面子の扱いの有無に眼を瞑れば(うちのバイト先の社員の人はその所為で余り評価は高く無い様だ)、娯楽作としてなかなか悪くないと思う。ジュリア・ロバーツが本人のふりをするとか、ブルース・ウィリスカメオ出演とか、あの辺りも含めて自分は好きだ。

 ただ、個人的に今作最大の山場であるナイトフォックスのネタ晴らしは全く持ってスタイリッシュじゃないのが難と言えば難がな。まぁ、それとオーシャンズとの対比がスタイリッシュな訳であり、この作品の読み取れるテーマとも言えるのだが。

 と言う訳で理としては結構良い感じのこのシリーズ。13がレンタル開始されたらまた見よう。

 きっと三作目もハリウッド的スタイリッシュ山盛りに違いない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/458-2009cd9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。