上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日、我がバイト先のゲオでは『24』の日なるセールが行われていた。
 賢明、じゃなくとも解るだろうが、二十四日と海外ドラマの『24』を掛けて、二十四円でレンタルしようと言う、実にストレートなセール内容である。もうちょっとこう、手心を加えた方がと思ったものだ。思っただけだが。手心と申したかとか、痛くなければ覚えませぬ等と言い返されたら洒落にならぬからな。

 因みにセールの成果はと言うと、ぼちぼちと言う所だった。一日限定且つ大々的に宣伝している様では無かったからと言う理由もあるだろうが、それ以上に商品が足りてなかった様に思える。

 つまり、大々的なファンならばこんなセールが行われるよりも前にⅠ~Ⅴまで全て見ている訳で、このセールにてレンタルする様な者は、これを機会に見ようと思う初見さんが多い。そしてそう言う者達は大人買いならぬ大人借りを試みる訳だが、哀しいかな、一シリーズ複数入れていたとしても数は限られるのだ。精々が十本(一シリーズ十二巻を考えるとこれでも相当な数だが)である。

 また、彼等は必ずしも大人借りをする訳では無い、あくまでその可能性が高いと言うだけだ。時間の関係からシリーズの中の途中だけを借りて行く場合もあり、そうなると中途半端な所で飛び飛びとなって、レンタルするのを敬遠する客も出て来る。

 そう言う訳で、お一人様十本までと言う上限限界まで借りたとしても、二十四円×十本で二百四十円と言うジャンプもびっくりのお値段になるにも関わらず、昔自分が体験した開店初日のレンタル地獄にはならずに済んだ。バイトとしては、余り忙しくならないのは嬉しい所である。

 まぁこれが九月十月と続き、更に明日には七十円セールが待っている訳だがな。や、もう慣れたけれど。

 所で、レンタル商品は固有のバーコードが張られた専用のケースに入れられて(CDの場合だと、普通のCDケースにバーコードだけ張られているのが主流だが)レンタルされる。これはレジを通す時、いちいちケースを開けて中身を確認する手間を省く為(まぁ当然と言えば当然だな)だが、お客様は神様であり、神様は人間の事等知ったこっちゃ無い存在なので、複数レンタルされると、てんでばらばらなケースに入れて戻ってくる事が多々ある。

 まぁそれを直すのも仕事であるから問題は無いが、今日返却された商品はちょっと洒落にならなかった。

 どの様なものかと言うと、

 『二重スパイ』のケースの中に『ホテル・ルワンダ』が入っていた。

 ホテル・ルワンダにそれは無いだろと全力で突っ込んだね。いや、二重スパイ見てないが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/470-485b3f45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。